7つ目のスパイクタウンジムぐらいまで淡々とやって、8つ目のナックルスタジアム。ジムリーダーのドラゴンタイプのポケモン使いだから、今の自分のチームにはバツグン取れるメンバーがいないと思って、しばらくワイルドエリアでメンバー候補を探したりした。

運よくオニゴーリをマックスレイドバトルで捕まえることができたので、メンバーと入れ替えて戦ったところ、結構あっさりと攻略できた。これでチェンピオンカップへの出場権を獲得。

8つのジムを攻略してバッジ完成。チャンピオンカップの出場権を得た

これまでのポケモンだと四天王戦なんだけど、ここではこれまで戦ってきたジムリーダー、挑戦者などが参加するトーナメント戦って感じで話が進んだ。挑戦者同士で戦うセミファイナルとジムリーダーたちと戦うファイナル。

マリィがオーロンゲをダイマックスさせてるところなんだけど、超電磁砲って感じに撮れた

ここから先が予想外の展開で、かなり胸熱。やめ時がわからず、結局、チャンピオンとの最終戦までやってしまった。
しかし、さすがにチャンピオンは強くて、かいふくのくすりなどを使ってどんなにゴリ押ししようとしても、自分のここまで育ててきたメンバーでは太刀打ちできなかった。

チャンピオンと戦うにはレベルが低すぎた

地面技の通りが良すぎるとか、物理技のメンバーばかりとか問題は色々あるんだけど、チャンピオンが使うポケモンがレベル65前後なので、このレベルではゴリ押しもできない。どのポケモンもチャンピオンより技を先に出せずにやられてしまうので、回復している余裕も無かった。

ワイルドエリアでレベルアップするしかないなと思って、ストーリー攻略はいったんお休み

気がつくと、ここまでマリィのスクリーンショットばっかり撮ってた。最後に上に貼った以外のお気に入りを紹介します。

スパイクタウンジム攻略前にマリィが登場したシーン。隠し撮りみたいな感じになってるのがいい
セミファイナルでのマリィ。博多弁なんだよね

関連記事

BEBONCOOLのSwitch用コントローラーを買ったんだけど…

てんのめぐみトゲキッスの育て方と、それで感じたこと

ポケセンヨコハマ、引っ越してはじめて行った

ソード・シールドでは、なつき度となかよし度が統合されている

野生ポケモン捕獲用キリキザンの育成(2)

野生ポケモン捕獲用キリキザンの育成(1)

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です