発売日の昨日(10/30)に、ラッキーなAirPods Proを入手した。

これまでのAirPodsは「耳の中に置く」ぐらいの感じで装着し、かなりスカスカだった。それで耳に負担がなくて長く着けていても疲れなかったんだけど、周囲の音がよく聞こえるためうるさい場所で使うのは厳しかった。交差点で信号待ちしていて、横に大型トラックが停まってアイドリングしているだけでもつらい。音楽はまあそんなもんかと思ってやり過ごすんだけど、ポッドキャストなどの人の声はその間全く聴こえないため話が分からなくなってしまうのだ。他には、音漏れもしやすくて困っている人もいる。

それを補う機能として、ノイズキャンセリング機能の搭載が待ち望まれており、AirPods Proでついにそれを果たした格好だ。
自分はここ何年もAirPodsしか使っていないし、ノイズキャンセリング機能は数年前かそれ以上前に持っていたヘッドホンでしか使っていないので、細かい評価はできないのだけど、とにかく上記のような状況も快適に音楽やポッドキャストを楽しめたし、地下鉄の連結部分のそばでもちゃんと音楽を聴くことができた。十分機能は果たしていると思う。

また、従来のAirPodsよりも低音〜中音が豊かになっていると感じた。そう言えば、BeatXというカナル型のワイヤレスイヤホンも少しだけ使っていたのだけど、あれも低音はよく出ていたけど、なんだかモアモアするだけで安っぽい感じがあった。それよりもずっと上品だ。

そんなこと以上に嬉しいのは、カナル型なのに装着していても圧迫感が少ないこと。長時間つけっぱなしにしていても平気。

カナル型は苦手だと思っていたのだけど、圧迫感がなくてずっとつけていられる。イヤーピースが楕円形でフィットしやすいってことなんじゃないだろうか
一般的なカナル型イヤホンのイヤーピースって、「音導管」と呼ばれる軸にぎゅっと差し込むんだけど、AirPods Proには軸がない

耳の中でイヤーピースがかなり自由に変形してフィットさせているのではないかと思う。イヤーピースはAirPods Pro本体にくっつく部分は硬い素材になっているので、耳にあたる柔らかい素材とのハイブリッドになっているようだ。

従来のAirPodsより「うどん」部分が1cmほど短くなった
ケースは横長。かなり大きくなったように見えるけど、90度回転させると「幅」はほぼ同じで、長さが1cmぐらい大きくなっているだけ
ケースに入れるときの向きが今までとはちょっと違う。1日使ってもちょっと戸惑う

AirPods Proを手に入れて、我が家のAirPodsが4台になりました。

初代AirPodsが2つ、第2世代AirPods(ワイヤレス充電ケース)、AirPods Pro。初代AirPodsの1つは片方洗濯して聞こえが悪くなってる状態

関連記事

自宅で旅行気分を味わえる、iPhoneマップ「Flyover」の楽しみ方

iPhoneがフリーズ!起動しない!試すべき3つの方法

コロナ禍での新常識、iPhoneの掃除と除菌の正しいやり方

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です