2年ほど前から、PalmPilot(しかもUSRobotics印、これ重要)をメイン機として使っている。自分が初めて買ったPalm機だ。当然、US版なのでJ-OS Vで日本語化している。
なぜこれなのかというと、自分の持っているPalm機の中で、Mac OS XとHotSyncできるのが、これだけだからだ。Palm V(US)とVisorプリズム(JP)はデジタイザがいかれてしまった。

昔の日記を調べてみると、買ったのは1997年の7月だった。

最近のPDA事情には疎いので、こいつが逝ってしまったら、次に何を買えばいいのかわからない。今更、紙の手帳には戻れないし。
奥さんも未だにクリエの初代機PEG-S300(白黒のやつ)を使ってる。これもまた、壊れたらどうするのやら。

たぶん、もう次はPalm機という選択はないんでしょうね。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です