エナックス社のPowerBook用外付けバッテリー。
http://www.enax.jp/products/Y00-00114/index.html

ライター時代、Cometで一日外で原稿を書くために買ったものなのだが、その後Pismoにも使えて、なんと接続プラグを替えればQ16A(今使っているPBG4のコードネーム)にも使えることがわかった。
しかしさすがに数年前に買ったものだけにバッテリーがへたっていて、2時間ぐらいしかもたなくなっていた。エナックスのサイトを見てみるとバッテリーリフレッシュというメニューがあって、本体の半分ぐらいの価格で内部のセルだけ新品に交換してくれるらしい。最新のセルを使うのでバッテリー容量も4000mAhにアップするという。

というわけで、バッテリーリフレッシュしてもらったPowerBatteryが戻ってきたので、明日早速図書館で使ってみる。今充電中。

NuPowerから4800mAhのQ16A用内蔵バッテリーが2万円強で売っているので微妙なところだが、古いものでも直して使うというところが粋なのだと決心した次第。それに同じ内蔵バッテリーが2つあるよりも、何かと便利なんです。CometにもPismoにも使えるしね。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です