iMac 5K到着!

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)が予定通り届いた。

14〜16時に指定しておいたのでその時間に来てくれたのだけど、インターフォンが鳴ったのは昼食の準備中で、それも90秒で茹で上がる極細麺をお湯に入れてタイマーセットしたその時だった。

急いで受け取って戻ったところ、ちょうどタイマーが終了した。慌てていたので麺を湯切り用のザルに開けるときにお湯を床に少しこぼした。

あごだしスープのラーメンを食べ終わってからiMacを開封した。VASAマウントなので本当にスタンドがない。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) VASAマウントアダプタ搭載モデル
iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017) VASAマウントアダプタ搭載モデル。通常のスタンドはついてこない代わりにマウンターががっつり固定されている

アームを取り付ける前にメモリーの増設をしておく。

先に買っておいた8GBのメモリー2枚
先に買っておいた8GBのメモリー2枚
電源コネクターの上にあるボタンを強く押すと
電源コネクターの上にあるボタンを強く押すとメモリースロットのふたが開く。ボタンは結構硬い。

ボタンが結構硬くて指では無理。綿棒で押してみたらうまくいった。

4GBのメモリーが2枚
4GBのメモリーが2枚、スロットの上から1番目と3番目に挿さっていた

空いているスロットに挿せば良いのだけど、こういう順序にセットしなければならないとは思ってなかった。スロットに1枚しか挿さってなかったら間違えていたかもしれない。

次にエルゴトロンのアームを取り付ける。写真を撮り忘れたけど難なく取り付けられ机にセットできた。

iMacの重さに耐えられるように調節
iMacの重さに耐えられるように調節。結構締めた

初めはいくら締めてもiMacが下がってくるので大丈夫なのかなと思ったのだけど、ある程度締めていったら下がらなくなった。スペック上問題ないことを確認して買ったものの、ちょっと心配した。

電源を入れてメモリーが認識されていることを確認。

メモリー24GBになっていた
4GBx2, 8GBx2で24GBと正しく認識されていた

この時点で17時過ぎ。

ここから環境移行となる。昨日までは「移行アシスタント」を使って楽するつもりだったけど、これから長く使う中でOSのアップデートは上書きしていきたいので、そういうのも考えて、ここはクリーンな環境に手作業で必要なデータのみを移行することにした。

元は昨日のうちに丸ごとバックアップしていたMac miniの起動ドライブ。定番アプリ「Carbone Copy Clorner」で、必要なデータを移行する。続きは明日書きます。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です