Apple Payのことを自分の中で整理してみた

akibyonです。

なぜアップルはVISAを裏切ったのか? iPhone7ショックにクレカ業界騒然=岩田昭男

この記事を読んで、頭の中の混乱が少し整理できたような気がする。
iPhone 7がSuica、Apple Pay対応ってなって調べるまで、iDはなんとなく聞いたことがあったけど、QUICPayなんて知りもしなかった。

で、こいつらも電子マネーなんだということがわかって、「Suicaと同じ仲間ね」と思ったのだけど「Apple Payに登録したクレジットカードが、iDかQUICPayのどちらかを利用する」って聞いて、頭の中が混乱。

iPhoneでSuicaを使いたい

プラスチックカードのSuicaを読み込むか、アプリでSuicaを作成するかしてiPhone内にSuicaを作る

チャージにはクレジットカードが必要なので、Apple Payに読み込む

Apple Payに読み込んだクレジットカードは、iDかQUICPayを利用する
??????

でも、ユーザーはiDまたはQUICPayを作成しなくてもいい。
同じ電子マネーなのに、SuicaとiD・QUICPayで、なんか立ち位置が違わない?と思って理解が進まなかったのです。

自分の理解としては、
電子マネーとして見たときのSuicaはSuica。iD・QUICPayは電子マネーとして使うんじゃなくて、店でクレジットカード使うときのインフラ。
SuicaにチャージするときはiD・QUICPayの仕組みは使わない(これは想像)
ということなんじゃないかと思うのだけど、どうかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。