Apple Musicに9800円払った。1年、お金のことを気にせず音楽を楽しめる。毎月980円払ってると思うと楽しみきれなかったけど、一気に払ったらすっきりした。ちびちび払うとか向いてない。

年払いを決意したのには、もう1つの要因がある。

Apple Musicだけを聴いていると、自分の好きな曲にはなかなか出会わない。Apple Musicがおすすめしてくるスタッフお手製のプレイリストの半分以上が、自分の持っている曲だったりして意味ないじゃんと感じることもあった。

で、そういうプレイリストは再生せずに、聴いたことのないプレイリストやアーティストを探して聴いていたけど、そうするとやっぱり好きな曲にはなかなか出会えない。これで、どんどんApple Musicって大したことないじゃんって思うようになる。

自分には、10代の頃からコツコツとためていた音楽ライブラリーが3万曲ほどあり、聴きたい曲はほぼ自分で持っている。自分のライブラリーが一番。これは間違いない。

Apple Musicはその補助でいいと思ったのだ。

そう考えると、スタッフお手製プレイリストに入っている残り半分、自分の持っていないおすすめ曲を純粋に楽しる。

以前、アップルで話を聞いた時、「ラブ」(お気に入り)とか「好きじゃない」をつけると、精度が上がると言っていた。そりゃそうだろうと思いつつ、しばらくちゃんとやってみたら、予想外によくなった。知らないアーティストの曲でも、いい曲を持ってきてくれるようになった。

Macの中にあるライブラリーのうち、CDで持っているものは全てAppleロスレスで取り込み直してあるので、Apple Musicと比較すると音質がガラッと変わる。Apple Musicがハイレゾ配信に対応したら9800円も今よりかなりお得に感じるだろうなぁ。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です