忙しくなるとブログを更新したくなる男、akibyonです。
執筆の仕事で、パソコンの画面を掲載する場合はMacじゃなくてWindows、それもその時点の最新版ということになるのが多いので、現状ではWindows 8の画面ということになります。
WindowsはParallelsを使ってMac上で動かしているわけですが、Windows 8はParallels 7では動かず、Parallels 8が必要なので、Parallelsをバージョンアップすることにしました。
バージョンアップ版は4,900円なのですが、米ドルでダウンロードすると49.99ドルなので、少し円安気味の現在でもお得です。私は去年の11月に購入したのですが、クレジットカードの請求を見ると3,970円になってて、すごく得しました!円高なときに海外良好に行けない貧乏人は、海外からソフトウェアを購入してウサを晴らしましょう。
Parallelsは米ドルでダウンロードしても、日本語表示のMacで動かせば、メニューやダイアログの表示は、ちゃんと日本語になるので心配無用です。
さて、Parallelsを米ドルで購入する方法ですが、ちょっとテクニックが必要なので、それを紹介します。
Parallels 8
Parallels社のサイトにアクセスします。
Parallels 8
日本語のページが表示されたら、USAに変更します。
Parallels 8
[UPGRADE]をクリックします。
Parallels 8
買い物かごが表示されますが、この時点ではまだ円表示なので、通貨の[日本円]をクリックして「米ドル」に変更します。日本語のサイトのままでここに来ると、通貨が変更できないので注意です。
Parallels 8
米ドルに変更できました。これで買い物すればオーケーです。ちなみに「ダウンロード期間延長サービス」の6.99ドルも、しっかりバックアップしておけば不要かと思います。
アップグレード版じゃなくて、通常版を購入するときにもこのテクニックは使えますが、その場合はAmazonで特別優待版を買ったほうが断然お得です。詳しくは言いませんが…。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です