akibyonです。
琉球ガラスの質感が大好きなので、とんぼ玉づくりの体験をしてきました。
行ったのは「Gala青い海」という観光施設内にある「グラスアート青い風」という工房です。
「グラスアート青い風」ホームページ

とんぼ玉づくり体験
こんなに海のそばです。
とんぼ玉づくり体験
ガラスの棒を熱して、芯に巻きつけていきます。考えてみれば当たり前だけど、玉を作ってあとからドリルで穴を開けるわけでないんですな(笑)
できるだけ均等な球になるように、気をつけて巻いていくんですけど、熱して柔らかくなったガラスにちょっとドキドキします。職人さんがちゃんと手を貸してくれるので大丈夫。アンバランスになってもそれはそれで味です。
10分ぐらいでできました。1時間ぐらい冷まさないといけないので、預けて近くの残波岬に行ってきました。
とんぼ玉づくり体験とんぼ玉づくり体験
とんぼ玉づくり体験
用意されている紐に、オプションのビーズ(1個50円)を通してストラップにします。
とんぼ玉づくり体験
作る前にガラスの棒の状態で色を選ぶんですが、棒よりも分厚くなった分、色が濃くなって見えます。これもこれで良かった。
とんぼ玉づくり体験
完成。体験で作るとんぼ玉は、マーブル柄やドットをつけることもできます。私は無地のこれが気に入っています。
とんぼ玉づくり体験
もちろんiPhoneにつけました。とんぼ玉が黒っぽくなった分、黒のiPhoneによく合いました。緑〜青っぽいロック画面にも偶然合いました。実は最近はiPhoneにカバーを付けていません。
とんぼ玉づくり体験は1,500円(柄付きは2,000円)。はじめはなんか高いけど仕方がないかな〜と思ってやったんですが、できあがったものを手にすると、そんな気持ちは吹き飛びますね。とても満足しています。
同じ工房では、小学生の高学年ぐらいの男子数人が、汗だくで吹きガラスの体験をしていました。
「Gala青い海」では、塩づくり、陶芸(やちむん)の体験もできます。塩せんべいを作る機械もあってタイミングが合うと、作っているところを見ることができます。

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です