パッ!とわかるLANの教科書

パッ!とわかるLANの教科書
出版社:ディー・アート 定価:1,500円+税 発売日:Nov 17, 2003
著:いとうあき

LANについて見開き完結で60項目解説した。図を描くのがめちゃめちゃ大変だった。手順書ではなくて概要書であるところが、自分の今までやった仕事と違うところ。こんな本も書けるんですよということを関係者にはわかってもらえるといいかなと思う。
同時に「パッ!とわかるネットワークの教科書」「パッ!とわかるTCP/IPの教科書」の2冊が出るので、それとの差別化を考えるのが面白くもあり、きつくもあった。差別化という意味ではうまく行ったと思うが、他の2冊よりも内容が難しくなってしまったのがどうかなぁと思う。自分が面白いと思うことを選んで書いたのだが。

関連記事

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

「小さくなっただけ」が実はすごい、思わず二度見するiPhone 12 mini

そのスペックに思わず妄想が膨らむ、Apple Silicon搭載Macのすごさ

逆光撮影にハマる!iPhone 12 Proのコンピュテーショナルフォトグラフィー

iPhone 12のデザインは「iPhone 5への回帰」?いいえ、全然違います

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です