パッ!とわかるLANの教科書

パッ!とわかるLANの教科書
出版社:ディー・アート 定価:1,500円+税 発売日:Nov 17, 2003
著:いとうあき

LANについて見開き完結で60項目解説した。図を描くのがめちゃめちゃ大変だった。手順書ではなくて概要書であるところが、自分の今までやった仕事と違うところ。こんな本も書けるんですよということを関係者にはわかってもらえるといいかなと思う。
同時に「パッ!とわかるネットワークの教科書」「パッ!とわかるTCP/IPの教科書」の2冊が出るので、それとの差別化を考えるのが面白くもあり、きつくもあった。差別化という意味ではうまく行ったと思うが、他の2冊よりも内容が難しくなってしまったのがどうかなぁと思う。自分が面白いと思うことを選んで書いたのだが。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

iPad ProとMagic Keyboardは最強の組み合わせか?「目からウロコ」の開き方も伝授

「MacBook Air」と「iPad Pro」の2020年モデル、テレワークに向くのはどっち?

iPhoneとiPadが障害者支援に威力、青森県の「りんご」使い方講座がユニークだ

東日本大震災の教訓生かせ、あの「りんご」は青森県の情報弱者を救えるか

MacのOSを旧バージョンに戻したいけどバックアップが無い、その時どうする?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です