LBT-PAR500AVBK

akibyonです。

あんなにボックスレスタイプのBluetoothイヤフォンがいいってお勧めしていたのに、最近ではロジテックのLBT-PAR500というBluetoothのレシーバーに普通のイヤフォンを挿してBluetoothイヤフォン化して使っています。

LBT-PAR500の何がいいかというと、

  1. デジタルアンプ搭載で音がいい
  2. 電波が強い
  3. バッテリーが超持つ

ところ。

仕事中はMacとBluetoothで接続して、MacのiTunesから音楽を聴いています。電波が強いので、イヤフォンをしたまま台所でお茶を入れたりしても平気なところが気に入っています。

LBT-PAR500の紹介は、また今度詳しく書きます。

今日も普通に使っていたら、ある時から急に音切れがするようになりました。
電源を入れ直したけどダメ。
iPhoneに接続したら音切れしない。
Macに接続したらやっぱり音切れ。
Mac側の問題か?
Macを再起動してみたけど、音切れ。
ふと思いついて、Mac上のペアリングを削除して、再ペアリングしたら直りました。

というわけで、Bluetoothイヤフォンが音切れするときは、再ペアリングしてみると良いという話でした。

関連記事

YouTubeの動画をダウンロードして音声を取り出す

OpenEmuで2枚組のゲームをプレイするには

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です