ルービックキューブの続き。
しばらくおれは「ルービックキューブはこれで完璧さ(Do you really want to hurt me?)」と思っていた。ところが各面にディズニーのキャラクタなど、絵が描かれているのは未だお手上げだ。
どういうことかというとオリジナルルービックキューブで6面の色が揃っていても、各面の3×3の中心にあるキューブが回転したいくつかのパターンがあることに気が付かなかったのだ。だが面に絵が描かれるとそうはいかない。他に影響を与えずに中心部のみを回転させるパターンが必要になるのだ。この移動のさせ方が今でもわからない。パターンを考えたときは各キューブの位置関係のみ着目していたため、各面の中心キューブのことは全く考えていなかった。
これが解ければたぶん4×4のルービックキューブ(リベンジ)にも応用できるはずだ。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です