01.jpg
akibyonです。
これだ!っていうiPhone 4Sのケースに出会えていないので試行錯誤中なのですが、以前書いた「iPhone 4Sに合うケース探しの旅は続く」で紹介したバンパーのブラックがとても良かったので紹介します。
条件1
背面のAppleマークを隠したくない。
→バンパーか透明なケース
条件2
側面のステンレス素材の見た目を殺したくない。
→透明なバンパーか透明なケース
条件3
テーブルに置いたときに、前面または背面がテーブル面に接しない。
条件4
とりあえず2,000円以下で。
こんな条件で探してたら、Amazonで680円で売ってました(この記事執筆時点では899円)。こんなに安いと失敗しても、まぁいいかって思えますな。
02.jpg
1,000円もしないのに、バンパーの他に液晶保護フィルム、Dockコネクターケーブル、クリーニングクロスがついてきます。
赤のバンパーを買ってわかってたんですが、Dockコネクターケーブルはちゃんと同期できるし充電もできるんですよ。作りはしょぼいです。フィルムは使ってないので、まだわかりません。
03.jpg
バンパーを装着してDockコネクター側から見たところ。透明な堅いプラスチック素材を、柔らかいシリコン素材ではさんだ構造になっています。
04.jpg
サイレントスイッチ、ボリュームボタン周り。作りがちゃちいのは、680円なのであきらめ切れますな。操作上の問題はないです。
05.jpg
上から見たところ。イヤフォンジャックの左右に黒の素材があるのが残念。どうせならぐるりと一周透明パーツにして欲しかったかな。でも、680円なので…。
06.jpg
テーブルに伏せても液晶面が(背面も)、テーブルに接しません。Appleマークも見えて良い感じ。
iPhoneの側面のステンレスパーツが見えるのと、シリコン素材が黒なので、ブラックのiPhoneの雰囲気が割りと維持できてていいと思いませんか?
シリコン素材がすべり止めにもなって安心のホールド感です。
Amazonで探すと、iPhone 4S用の安いバンパー、ケースが実はいっぱいあることがわかりました。1つに決めないで、次から次へどんどん変えていけばいいじゃんって気になってますぞ!

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です