久しぶりに大学の頃からの友人と飲んだ。日頃からメールとかWebチャットをやっているので久しぶりという感じはしない。大学の頃からこうやって時々飲みに行ったり、遊びに行ったりしている。

今回は新宿の「Lee」という餃子の店だ。「Lee」というとカレー屋かな、なんて思うが、韓国人の李さんがやっているお店なのでそういう名前なのだ。

5時開店のところ、おれたちは5時6分について「準備中」の札がかかっているところに入れてもらった。注文したのは普通の餃子2人前に「チーズトマト餃子」「シソイワシ餃子」「牛すじ餃子」を1人前ずつだ。この店は注文してから包み始めるので、出てくるまで時間がかかる。おれたちはビールを飲みながら出てくるのを待っていた。彼らと会うのは久しぶりなんだが、しょっちゅう電子メールをやりとりしているので長く会っていなかったという感じはしない。いろいろ話をしながら餃子の出てくるのを待った。

わざとちょっと変わった餃子を頼んでみたつもりが、どれも意外にいける。皮がうまい、肉汁チューだ、なんてことをハフハフ言っていると、「いらっしゃい」と三つ揃いのスーツに春物のコートをきた紳士が登場した。なんと、店のオーナの李さんだ。

この店に来たのは、友人のぎえもん氏が「アムロ今田のNO1」というTV番組の餃子特集でこの店が紹介されたのを見たからだ。李さんに開口一番「TV見て? 今田と安室の?」と言われた。李さんは非常に話好きで、楽しい話をいっぱいしてくれた。自分の店で出している餃子に絶大な自身を持っていることが伺えた。

そのあと「卵餃子」「にんにく餃子」「餅餃子」と、李さんが勧めてくれた自慢のドレッシングの「豆腐トマトサラダ」を追加注文した。

1人軽く3人前を食べビールは4本か5本(ぐらい)飲んだ。今回食べた中でのおれの餃子ランキングは、「餅」「チーズトマト」「ノーマル」という順だ。ただ、食べ飽きない、毎日でも食べたいということになればやはり「ノーマル」が一番だ。

李さんは、タバコを吸っていた友人のsenju氏に「あぁ、餃子を食べる前にタバコを吸って欲しくなかった」と言っていた。強制ではないが餃子を美味しく食べたいなら、食べる前にタバコを吸うのはやめたほうがいいとお勧めしているそうだ。味覚が鈍るからだ。なかなか良いことを言う、李さん。食べたあとなら吸っていいと言っていたが、おれとしては周りの人にも美味しく食べてもらいたいならそんなことは言わない方がいいと思った。

関連記事

ヨコなんかラボミーティング in HELLOWEEN

横浜でトーインハイ辛の飲める店

自家焙煎コーヒー豆販売の店マルソーコーヒー

ヘルパンギーナとジェノベーゼ

ソーセージのアウトレット

餃子の王将

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です