GS Keyboard
GS Keyboardを買った。今まで休ませていたSE/30を復活させたため、キーボードが1つ足りなくなってしまったからだ。どうせ買うならと、前から欲しかったGS Keyboard (もちろん中古)にした。なるほど、これが噂のGS Keyboardのキータッチか。Apple Keyboard (IIじゃないぞ)に近いのかと思っていたんだが全然違う。Apple Keyboardがカチカチという感じ(Macwayのほどじゃない)なのに対して、GS Keyboardはカタカタという感じだ。形がMacwayのと似ているので、ずっとカチカチいうタイプのキーボードかと思っていたのだ。ううむ、なんとなくApple Keyboardの方がいいかもしれないと思った。

しばらく使っているうちに慣れてきた。これもこれで良いかもしれない。何といってもかっこいい。机の上の占有面積が小さいのもよい。
おれには信じられないんだが、あの98についてくるキーボードがいいという人間もいるのだ。あのふにゃふにゃしたキータッチが良いのだそうだ。もっとも、今、会社で使っているXa16に付いてきたキーボードは、個人持ちのXs付属のキーボードより良くなっていた。本当だったら、邪魔なWindowsキーやSTARTキーのついていないXsのキーボードを使いたいのだが、キータッチが好みではないのでしょうがない。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です