午前11時に青色申告会入り。保土ケ谷青色申告会は予約制というわけでも無く、行った順に見てくれるというシステムだ。いいのか悪いのかわからないが、前時代的なシステムのような気もする。30分ほど待ち、下書きしてきた書類を見てもらった。減価償却のところをちょっと教えてもらい(間違いはなかった)、5分ほどでおしまい。待ちスペースに戻って清書して提出してきた。大変優秀な会員である。毎年いるのだが、この場に来て何もわかりませーんと係の人に泣きついているヤツ。そんで書類の大半を書いてもらっている。それじゃいつまでたっても覚えられないよな。もしかしたら毎年見かけるのは同じヤツなのかもしれない。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です