皆川優太ちゃん。うちの子と同じ年だ。たぶん月齢も近いと思う。彼のことを知ったのは、職場に置いてあった新聞で、中越地震の土砂崩れから奇跡的に助け出されたという記事を読んでからだ。その時は職場だというのに、涙が止まらなくて困った。周りに人がいないのをいいことに「よくがんばったなぁ」といいながらしゃくり上げて泣いた。

最近は彼の元気な様子が伝えられてほっとする反面、彼がこれから直面する母親と姉を失ったという事実のことを考えると、胸が苦しくなる。負けないで強く生きて欲しいと思う。

(訂正)優太ちゃんは病院で3才になったそうだ。うちの子よりも半年以上お兄ちゃんだった。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です