akibyonです。
Camera Connection Kitを使って、iPadにnanoKEYを接続して遊んでいたら、キーがひとつパキっと外れてしまいました。パンタグラフの爪が片方折れていて元に戻せません。
01.jpg
そこで、というか、前から気になっていたMIDIキーボードを買いました。
AKAI MPK miniです。nanoKEYとは比べものにならないちゃんとした鍵盤と、アサイナブルなパッドが付いています。
iPadに接続してもバスパワーで動きました。パッドを叩いたときのバックライトもちゃんと光ります。
02.jpg
付属の「MPK mini Editor」というアプリケーションを使って、MPK miniのそれぞれのキーやつまみにアサインする情報を変更します。ここでは、パッドのMIDIチャンネルを変更して、キーボードとは別に鳴らせるようにしました。
03.png
nanoKEYを買うとダウンロードできるKORG M1 Leというソフト音源を演奏しています。
04.png
先日、公園に行ったときにGarageBandとMPK miniで、ミニライブをやりました。聴衆は犬とその飼い主と子ども。
05.jpg
nanoKEYは軽くて薄くてよかったのですが、ほんと華奢でした。ちょっと乱暴にするとすぐ壊れちゃうようなイメージ(実際に壊れましたが)。
MPK miniは作りがしっかりしていて、使っていて安心感があります。
久しぶりにちゃんとDTMをやりたくなりました。KORG Legacy Collectionも買っちゃおうかなという勢いです。まあ、GarageBandの音源でも十分なんですけどね。
Amazonでは日によって微妙に値段が上下しているので(出品しているショップによっても)、安いのを探して買うといいです。送料も込みで。

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です