akibyonです。
UQ WiMAXの「Try WiMAX」というキャンペーンでモバイルルーターを試用しています。Try WiMAXはビックカメラでもやっているので、借りたい現物がビックにあれば申し込んですぐに使えるようになります。うちの近くのビックにはモバイルタイプが無かったのでWebで申し込みました。
00.png
→Try WiMAXページへ
試用期間は15日なのですが、Webで申し込むと、発送した日から試用期間が発生します。返却も期限までに向こうに到着していなければならないので、前後何日か試用期間が短くなります。ビックで借りた人は返すのもビックでいいそうです(yukachi助手情報)。
私の場合は6日に発送したという連絡がメールできて、その日から試用期間になっています。モバイルルーターが届いたのは翌日の7日です。
01.jpg
URoad-7000SSという機種。
早速、近くの公園に来て試しています。
Mac、iPad、iPhone、iPod touchもつないでみました。1つのSSIDに対して5台までWi-Fi機器を接続できます。
05.jpg
今さら私が言うまでもないとは思いますが、これはすばらしいです!
もともとは、Wi-FiモデルのiPadがどこでも使えるようになったらいいなという軽い気持ちだったのですが、モバイルルーターがあるとMacもネットに接続して使えるようになるのですね(当たり前だけど)! これは楽しい!
しかもUQ WiMAXは結構速い。スペック的には下り40Mbpsです。実測値としては、この公園ではMacで6Mbps、iPadで3Mbps出ました。
06.png
Wi-Fiによる位置情報は、この公園の周りにWi-Fi基地局が少ないせいか、ぜんぜん違う表示になりました。自宅の近所だと割と正確に出てくるんですけど、正確な位置情報がほしい人はやっぱりGPSを内蔵した3GモデルのiPadがいいのでしょうね。
お試しだけのつもりだったのに、iPhoneのパケットを最低に押さえたら、モバイルルーターの月額3,800円を捻出できるのではないかなんて、真剣に考えてしまっています。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です