akibyon DEATH!
毎日暑くて家で仕事をしていると死にそうです。
ま、死にゃしないんですが、集中力は低下しますね。というわけで、ブログを書きにスタバにきています。iPadでEvernoteを使って書いています。
roberu_iphone_case
IMG_1133.jpg
先月、iPhoneケース展に行った話を書いて、次の日にでもそのときに買ったiPhoneのケースのことを書こうと思っていたのに、すっかり時間がたってしまいました。しかし時間がたってこそわかることもあります。ということで、ケースのレビューをどうぞ。
roberu_iphone_case
さて、今回紹介するのはRoberu iPhone Caseという名前のケースです。Roberuという革製品の工房が手作りしたもので、サイトを見るとカメラのケースとかいろいろ作っていて、どれもこだわりを感じます。
roberu_iphone_case
Roberu iPhone Caseの特徴は何といっても、真ん中のラバー素材でしょう。サイドゴアブーツにも使われている素材だそうです。なるほど。これが上下2つの革パーツを繋いで着脱を容易にする共に、iPhoneの背面を曲面に沿ってカバー、そしてデザイン上も大きな特徴になっています。
装着の仕方を見てください。
roberu_iphone_case
まずiPhoneの下側をケースに差し込みます。
roberu_iphone_case
次にケースの上の部分をぐいっとひっぱって、
roberu_iphone_case
iPhoneの上部にキュっとかぶせます。
roberu_iphone_case
位置を整えて完了です。なかなか手軽です。
roberu_iphone_case
斜め後ろから見たときの美しさったらないですね。3GSの背面が曲面でこんなに良かったと思ったことはありません。
実はケースを買う時に少し迷ったことがあります。それは、おそらく1年後ぐらいには次のiPhoneを買っているだろうのに、今から5,500円(イベント価格)もする高いケースを買ってどうするんだという思いがあったからです。
Roberuさんのブースには、イベントで初公開されたiPhone 4用のRoberu iPhone Caseが出展されていました。しかし、断言しましょう。このケースは背面が曲面になっている3G/3GSに装着した状態が、最も美しい!
Roberuさんのブースで、出展されていた方の3GSを触らせてもらっているうちに、このケースに入れて3GSを使い続けようと思いました。幸いiOS 4にしてもとても快適に使えている3GSです。たとえ将来新しいiPhoneに買い換えたとしても、このケースに入れたiPhoneは永久に自分の側で輝きを放つと思いました。次のiPhoneを買うまでのケースじゃないのです!
少し熱くなり過ぎました。冷静になってここからは細部を紹介していきます。
roberu_iphone_case
まず上部ですが、イヤフォン用の穴が空いています。iPhoneのケースとしてはあたりまえですが、ケースを装着したまま、イヤフォンがさせます。
roberu_iphone_case
カメラ用の穴もあります。
ただし、なんと驚いたことにスリープオン/オフボタン用には穴はないのでケースの上から、ボタンのあると思われる部分を押すことになります。ボタンを直接押す軽快な感じはなくなりますが、まあ、使用上は問題ありません。
Roberu_iphone_case
私のiPhoneにはドックコネクタ横のネジを利用して取り付ける、エザンスのストラップが付いています。
エザンスのストラップのことは、iPhone自慢ストラップ編をご覧ください。
Roberu_iphone_case
ストラップはそのまま、ドックコネクタ用の穴を通せばOKでした。
Roberu_iphone_case
ドックコネクタもそのままさせます。
Roberu_iphone_case
ホームボタンのところには素押しの刻印があります。上部のスリープオン/オフボタンと同じように、直接ボタンを押す軽快さはなくなりますが、一週間使っているうちに装着直後よりも押しやすくなりました。革製品はこういう使っているうちに馴染んでくる感じも楽しまなくちゃいけないのかもしれません。
Roberu_iphone_case
最後に驚きの事実をお伝えしなければなりません。このケースに入れたまま、マナーモードのスイッチを操作することはできません。ケースの上部をいったん外してスイッチを操作します。ケースの着脱は容易なので、それほど苦ではないのですが、問題点と言えば問題点ですかね。私はまあ仕方がないかなと思っています。
Roberu_iphone_case
このことはパッケージにも書かれていました。
ケースとして考えると、サイドがカバーされていないわけですが、今までiPhoneを完璧に覆うTPU素材のケースを使っていた感覚からすると、iPhoneってこんなにスリムだったっけ?って感じですごく持ちやすいです。それに握った時にケースの上の部分がちょうど指に引っかかる感じになって、しっかりホールドできます。
iPhoneに絶対傷をつけたくないって人には、相変わらずTPU素材のケースがお勧めですが、個性的なケースが欲しいなーって人には激お勧めです。
と、書いてからさらに一週間たちました。Roberuのケースに入れてると、iPhoneの液晶がなんか暗いんだよねー。ケースを外すと、ふわっと明るくなる。iPhoneの環境光センサーをカバーが邪魔してるんだ!
それに気がついて、センサーのところに開いている穴の位置をあわせてみたものの、やっぱり暗くなる! がーん。
Roberu_iphone_case
そういうわけで、もと使っていたTPUのケースに戻しました。やっぱiPhoneがフルにカバーされてしっくりくるわ。Roberuのケースもいっときはすごく気に入ってたので、なんか残念な感じです。やっぱりiPhoneのケースはTPU素材で、こりゃぁいいってことで、よろしく!

yoko100907.mp3

関連記事

Switch Liteの腱鞘炎対策グリップその後

腱鞘炎対策でSwitch Lite用グリップ

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

2019年に買って活躍したものたち

iPad Pro用にイヤホンジャック付きのUSB-Cドック購入

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です