akibyonです。
遅ればせながら、iOS 4の自分にとっての目玉を発見しました。それは、BluetoothキーボードがiPhoneでも使えることです。もちろんiPadでも目玉なんですが、こうやってEvernoteにテキストを入力するようなシーンでは、iPadじゃなくても十分使えます。
最初はiPhoneのようなこんなに小さい画面で、外付けのキーボードが使えたところでどうってことないと思っていました。それにiPadにしろiPhoneにしろ、外付けキーボードを利用するなんて、モバイラーとして邪道! フリック入力を鍛えるべし! と思っていました。
が、しかし、それは考え違いだったことがやってみてわかりました。文字入力のスピードアップもさることながら、画面の半分を覆っていたソフトウェアキーボードがなくなることで、より多くの文章を見渡しながらすらすら文章が打てるようになります。
IMG_0987.JPG
キーボードの横において、キーボードを打つのが自分にはなんかよかった。ワイヤレスなのでレイアウトはフリー!
IMG_0007.PNG
iPhoneのBluetoothをオンにすると自動的にキーボードを見つけてくれて、指定されたパスキーをキーボードから入力すれば使えるようになります。
IMG_0008.PNG
iPhoneにキーボードが認識された状態。
IMG_0010.PNG
ソフトウェアキーボードが出ないので、全面を使ってテキストを確認しながら入力できる。これはとても快適。
IMG_0009.PNG
私のApple Wireless KeyboardはUS配列なので、日本語と英数を切り替えるのに、command+spaceを使うのですが、それにも対応しています。ただしこれはキーボードの切り替えアクションなので、iPhoneに設定しているキーボードが順番に出てきてしまいます。おそらくJIS配列の「かな」キーや「英数」キーを使ったほうがスマートだと思います。
iPadの出番がますますなくなってきた。iPad持ち歩かないで、iPhoneとBluetoothキーボードを持ち歩くってありです! しかも今、iPhoneのOSだけがiOS 4になってて、日本語変換が賢いんです。
これはすばらしい! Apple Wiress Keyboardも安くなったので、iPhoneユーザーはみんなと買うといいです!

と、ここまで書いて、キーボードをiPadに認識させて使ってみてます。やっぱ、画面が広いのは良いことだ。私のような文章書きが仕事の場合、iPad、iPhoneにBluetoothキーボードの組み合わせは、かなりのソリューションになることがわかりました。場面に合わせてiPhoneがいいか、iPadがいいか、これは使い分ける必要ありですね。
とここまで書いて、移動中にiPhoneで読み返しながらフリック入力で、修正、加筆しています。いやぁ、Evernoteも素晴らしいですな。
yoko100702.mp3

関連記事

YouTubeの動画をダウンロードして音声を取り出す

OpenEmuで2枚組のゲームをプレイするには

KindleGenはmacOS Catalinaでは動きません

Xcode 11.1がインストールできないとき

TuneMobie Apple Music ConverterはSierraで使え!

TuneMobie Apple Music Converterの動作環境

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です