4/17からジム通いを始めて、週一でパーソナルトレーナー、あと1回は自主トレというパターンで続けてきた。1ヶ月経過後の計測では成果が数値として読み取れるほどではなかった。なぜか体脂肪率、うでとあしの脂肪率は上昇してしまう始末。唯一、へそ周りが-4cmと出て、眠っていた筋肉が起きてきたと評価された。

2ヶ月経過後の計測ではいくつか数値に現れてきた。通い始めの頃と比較して体脂肪率は-2.3%、うでの脂肪率-1.6%、あしの脂肪率-1.1%。内臓脂肪指数が130から100に。体重は2.6kg減った。へそ周りは-9cm。このぐらいの数値の変化は、前の晩に大食いするかしないかですぐに変わるレベルだと以前は考えていたのだが、そもそも大食いもしなくなった。家で毎朝測っているデータでも5月後半からの振幅が小さくなっている。これが大事なのかもしれない。
特に内臓脂肪に関しては運動よりも食事が大きく影響するとのことで、間食をやめて酒を減らしている効果が出てきているのではないか。それもそんなに我慢してやっているわけでもない。

トレーナーに言われたのか主治医に言われたのか忘れたが、運動していることと炭水化物を減らしていることで脳の空腹の感じ方が正常になってきたのだろうというような話だった。運動すると血糖値が上がるので、それからしばらくは空腹感が抑えられるらしい。

まだメタボの域は脱しておらず油断できないが、成果が現れてきたことでモチベーションは高まっている。

関連記事

美味しかったMEAL REPLACEMENT BAR

筋トレで健康診断に引っかかるってこれか

BCAAを入れるのにちょうどいい容器

1キロのコーヒー豆を最後まで美味しく飲むために

朗読劇「三國戦国」を観劇

BCAAの味、これまでの感想

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です