HDUSBPRO2

HDDレコーダーにたまっていた日曜朝のポケんちをMacBookで取り込んでYouTubeにアップしたんだった。
マイチャンネル

HDDレコーダーに保存しっぱなしにする代わりにYouTubeにアップしておけば、レコーダーから削除できて自分で見るのも楽ということで始めたのだけど、見て喜んでくれる人もいるので楽しい。もし権利関係で削除されても、それはそれで仕方がない。
ただ、最近のYouTubeは映像を解析して、利益が権利者に回るようになっているらしく、こちらが収益を上げようと思わなければ丸く収まる感じではある。

YouTubeにテレビの映像をアップしている人たちはどうやって取り込みしているのだろうかと、少し調べて見たことがあるが大体はWindowsパソコンを使っていてMacメインのうちにでは参考にならない。

うちに「アテックス HDフルハイビジョンビデオレコーダー USBキャプチャー HDUSBPRO2」というUSBポートに接続してHDMIから入力した映像を取り込むキャプチャーボックスがあるが、これもキャプチャー側のアプリがWindowsの32bit環境でしか動かない。もう少し正確に言うと、HDMIからの映像を「問題なく」取り込めるアプリのバージョンが32bit版しか提供されていない。

HDUSBPRO2
アテックス HDフルハイビジョンビデオレコーダー USBキャプチャー HDUSBPRO2。アマゾンの履歴を見ると2013/2/11に注文したと書いてあった。現在は品切れ。今ならもっと良いのがあるのだろうとは思う。

そこで試しにMacBook 12インチモデルのParallelsの仮想環境で32bit版Windows 7を動かしてやってみた。ParallelsがHDUSBPRO2を認識しても、アプリ側に映像が流れてこないことがよくあり、何度か抜き差ししているうちにふと流れてくることがある。これがなぜかはわからないけど、以前にMacBook Pro 15インチ(非Retina)モデルで試した時もそうだった。以前持っていたWindowsパソコンに接続した時はこういうことはなかったので、Parallelsか仮想環境そのものの問題なのだと思う。

映像が流れてきたらキャプチャーすれば良いのだけど、MacBook Pro 15インチ(クアッドコアのCore i7)でキャプチャーした時もコマ落ちしたからMacBook 12インチモデルではダメだろうと思っていたと思っていたのだけど、リアルタイムモニタをしない設定で取り込んだら、全然スムーズ。MacBook Proの時もそうすればよかったのだろう。CPUの問題ではなかった。MacBook 12インチモデルの仮想環境でも十分取り込めた。

MacBookでできるなら、取り込みたいときにHDDレコーダーのそばに持って行って繋げばいいから楽だ。

ちなみに前述のWindows 10 64bit環境でキャプチャーするためにHDMIケーブルの間に挟んで「問題なく」取り込めるようにする「KanaaN HDMIスプリッター 1入力2出力 4k対応 Y-アダプタ 2160p Full UHD/ HD 1.4b 2-fach / 2-port」というスプリッターを使ってみたのだけどうまくいかなかった。原因は究明していない。

今のところ映像の切り出しはHDDレコーダー側でやっておき、Macに取り込んだTS動画をHandbrakeでmp4に変換したのち、映像の前後をMacの「QuickTime Player」でトリムしてYouTubeにアップという感じでやっている。Mac上でTS動画直接編集できるアプリもあるようだけど、あるもののできる範囲でやっている。

関連記事

USB電源供給能力チェッカー

スポーツジムのマシン名

髪を超短く切った

入稿作業は嫌いじゃない

白いワニ続き

白いワニ

コメント

  1. mac 動画 変換

    ありがとうございました!
    この方法で解決することができました!

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です