MacとiPadの連係は魅力的、WWDC21で発表されたOS新機能を評価

日経XTECHの「アップル『WWDC21』総括」に寄稿しました。

米Apple(アップル)は2021年6月7日(米国時間)から5日間、開発者イベント「WWDC 21」をオンラインで開催した。本来開発者向けなので、iOSやiPadOS、macOSといったアップル製品に搭載されるOSの次期バージョンの紹介などがメインになる。

その点は今回も同様だったが、冒頭の基調講演ではいつも以上に各OSの新機能が具体的に挙げられ、どのような使い方を想定しているかといった利用例の紹介に時間が多く割かれていた。開発者でなくても、これからのアップル製品を取り巻く進化に魅力を感じる内容だったのではないだろうか。

アップルのイベントが完全オンライン開催になったのは前回のWWDC 2020から。以降、製品発表イベントもオンライン開催となり、今回のWWDC21から2年目に入る。世界のどこにいても誰もが気軽に参加できるため、一般ユーザーの参加も増えていると思われる。その変化に合わせて、魅力をアピールするようにしていたのかもしれない。

ここでは各OSについて、筆者が注目した新機能や機能強化を紹介していく。

続きはこちらで
MacとiPadの連係は魅力的、WWDC21で発表されたOS新機能を評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。