最終日もサニゴーンで参戦。
15戦中、ミミッキュに2回当たって2回負けた。

ミミッキュがゴーストダイブで潜っているときにほろびのうたを歌ってしまうと、相手には当たらずに自分だけがほろび状態になる。知らなかった。次のターンでゴーストダイブが当たるとほろびのボディの効果で、ミミッキュもほろび状態なる。ただし、ほろびのカウントはサニゴーンの方が1つ先に始まっているので、相手を倒さない限りは負けになる。1回目はこれで負けた。

2回目はちょっと考えたのだけど、やっぱり2ターン1セットの戦略と、こっちが遅いのとの組み合わせで、どう組み立てたら良いのか判断できずに負けてしまった。どうやって戦ったのかも忘れちゃった…

今、考える感じだと、

ミミッキュ サニゴーン ほろびのカウント
ゴーストダイブ:潜る 力を吸い取る:当たらない
ゴーストダイブ:当たる 力を吸い取る:HP回復 3
ゴーストダイブ:潜る 力を吸い取る:当たらない 2
ゴーストダイブ:当たる 力を吸い取る:HP回復 1
シャドークロー:当たる 力を吸い取る:当たらない 0

これで勝てたのではないだろうか? ただし1回目のゴースト技はカシブのみで半減されるけど、その後は抜群なので、ほろび状態になってから相手がシャドークローに切り替えたら負けてしまうのかもしれない。力を吸い取るでどのぐらい回復できてどのぐらい攻撃を下げられているかにもよりそう。そのうち実験で確かめてみたい。

アシレーヌとのほろびの歌合戦。うたかたのアリアでHPを削られたけど、力を吸い取るを2回使って回復。サニゴーンの方が遅いので判定勝ちになった

他の負けパターンは、スキルリンクパルシェンの殻をやぶる〜つららばり。殻をやぶるを2回積まれると、力を吸い取っていても次のターンでは確実に落とされる。殻をやぶるが2段回上昇なのに対して、力を吸い取るは1段回しか下げられないから。

リザードンのエアスラッシュに3回連続でひるんで、何もしないまま負けたこともあった。

最終日に15戦して3日間で上限の45戦を終了した直後。レートで1600台出してことなんてはじめて

普通のバトル大会とは違ってお祭りみたいで楽しかった。負けてもあんまりストレスなかった。自分がストロングスタイルで参加して、ほろびでやられてばかりだとめちゃめちゃストレスだったかもしれないのだけど。

関連記事

しんそくシングルの1日目と2日目(サニゴーンが活躍)

ランクバトルダブル記録更新とキョダイマックスブリムオン

しんそく!シングルバトル!!の準備

「環境」を意識するって面白い

勝ち気ミロカロス投入でダブルもマスターボール級に上がれた

まだ持っていない道具があった(きれいなウロコ、技マシン53)

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です