インストール直後はスマホ版のアプリでニンテンドーアカウントと連携できなかったり、Switch版アプリではログインしようとすると落ちてのループになるなんてのが、自分の環境で何度か起こったけど、ようやく比較的安定して使えるようになった。

GTSをそんなに使うわけでもないから、慌ててスマホ版を設定することもなかったなぁと今は思う。ミラクルボックスもロクなの流れてこないし、どのタイミングで交換されているのかわからないから、今一つ使いにくい。せっせと交換したいならソード・シールド側でマジカル交換した方がよいだろう。

まあ、嫌味はこのぐらいで、ポケモンホームのよいところの話をする。

早速、過去作からシールドに連れてきた。ミューツー、ミュウ、アシレーヌ、ガオガエン、ジュナイパー、アローラロコン

嬉しいのは過去作のポケモンをソード・シールドに連れてこれること。それとポケモンホーム上ではあるが、全国図鑑ができたこと。

以前、ポケモンバンク上で図鑑番号1から順に1匹ずつボックスに入れて、埋めていく作業をしている途中だったものを、引越し機能を使って一気ポケモンホームに移した。

ポケモンバンクでそれまで集めていたポケモンをポケモンホームに引っ越したら、全国図鑑の890匹中818匹が埋まった

埋まっていないポケモンは伝説とか幻よりも、どっちかというと2段階進化の中間のやつだったりする。ゲーム本編中ではタネポケモンから2回進化させれば図鑑の項目は3つ埋まるわけだけど、ポケモンホームの場合は、それぞれの段階の3匹を預けないと図鑑の項目は埋まらない。そして中間のポケモンは野生では出なかったりするから、なかなか面倒。

そういうのを後回しにしていたら、ソード・シールドには、移動できないタネポケモンもいるので、どうしたって過去作をプレイして進化させた上で連れてこなければならない。過去作のボックスを探してタネポケモンがいなければ、捕まえにいく必要もある。

埋まっていないところのポケモンを挙げると、ガントル、クルマユ〜ハハコモリ、ホイーガ、ワルビル〜ワルビアル、ツツケラ〜ケラッパなど。なかなか微妙なポケモンでしょ? こういうのをコツコツ揃えていきたい。

2015年の夏に横浜のみなとみらいで開催された「踊るピカチュウ大量発生チュウ」で配布された、色違いのピカチュウがYの中にいたので、ポケモンバンク経由でサンに連れてきた。名前が「ダンサー♪」なのは元からそうなので仕方がない
サンで進化させるとアローラライチュウになる。色違いはこんなにこんがり焼けた感じになるんだね。サーファーって感じか
サンからポケモンバンクに再度預けてポケモンホームに引越しし、シールドで引き出した。そのライチュウをマックスレイドバトルでダイマックスしたところちゃんとダイマックスのモーションあるんだねー
技を出すときの体の光り方もちゃんとしてる。表情がカワイイ!

関連記事

しんそくシングルバトル3日目(最終日)

しんそくシングルの1日目と2日目(サニゴーンが活躍)

ランクバトルダブル記録更新とキョダイマックスブリムオン

しんそく!シングルバトル!!の準備

「環境」を意識するって面白い

勝ち気ミロカロス投入でダブルもマスターボール級に上がれた

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です