日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算53回目が公開されました。

「イースターエッグ」とは、コンピューターのハードウエアやソフトウエアに隠されている、本来の機能や目的には関係のないメッセージや機能などのこと。基本的に無害であり、ほとんどは役に立たない。製作者のユーモアの一種といえる。通常の操作では出現しないため、偶然見つけた人は幸運。キリスト教の復活祭の際に、あちこちに隠した装飾した卵を子どもに探させる遊びにちなんだものだ。

iPhoneにもイースターエッグを隠し持つアプリが存在している。今回は使っている人も多い有名なアプリから4つを紹介しよう。

続きはこちらから。

関連記事

iPadをパソコンのサブディスプレーに、テレワークを快適にするテクニック

iPadのトラックパッド対応が大幅強化、操作性はパソコンとどう違うのか

テレワークと趣味に生かせる新iPad Pro、LiDARは今後のARアプリに期待

最大32人が無料でビデオ通話、iPhoneの「FaceTime」をテレワークに使う方法

せっかくの高機能を使わないともったいない、iPhoneカメラの5大撮影テクニック

重要なメールを見逃さない、iPhoneの標準アプリで使える3つの便利機能

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です