日経XTECHの連載「あなたが知らないiPhone」の通算53回目が公開されました。

「イースターエッグ」とは、コンピューターのハードウエアやソフトウエアに隠されている、本来の機能や目的には関係のないメッセージや機能などのこと。基本的に無害であり、ほとんどは役に立たない。製作者のユーモアの一種といえる。通常の操作では出現しないため、偶然見つけた人は幸運。キリスト教の復活祭の際に、あちこちに隠した装飾した卵を子どもに探させる遊びにちなんだものだ。

iPhoneにもイースターエッグを隠し持つアプリが存在している。今回は使っている人も多い有名なアプリから4つを紹介しよう。

続きはこちらから。

関連記事

WindowsとiPadでビジネス文書を共有、Officeの便利な使い方

iOS 14の新機能に戸惑わない、iPhone電話アプリ活用術

便利だがややこしい、iPhoneのウィジェットを使いこなす

AirPodsの音質を自分の耳に最適化、iOS 14の「ヘッドフォン調整」を使いこなす

iPhoneのカメラで手軽にRAW撮影、「Apple ProRAW」の便利な使い方

2021年の祝日は東京五輪で変更に、iPhoneのカレンダーは大丈夫?

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です