去年の秋ぐらいに、突然肩が痛くなり回旋動作がスムーズにできなくなって(ある角度で痛みが強くて、そこはゆっくりとしか動かせない)、ジムに行ってもバーベルの重さを軽くしないとそれまでの回数ができなくなってた。
痛い方の肩を下にして長く寝ていると、起きてから痛みが強まる。

トレーナーが言うには、五十肩だったら動かさないでいるとかえって悪くなる。「腱板断裂」だったら動かすのが良くないとのこと。どっちなのかは医者に診てもらうしかないってことなんだけど、気分だったり仕事だったりでなかなか行けなかった。

しかし2020年の挑戦のために、まずはマイナス要因を1つずつ潰していこうと思う。
まずは肩の治療。っていうか、痛みが上記のどっちなのか白黒つけようと思って、整形外科に行ってきた。結果は五十肩。動かした方がいいってことになったので、トレーニングも今まで通りやれる。トレーニングをすると気分も爽快になるので、それができないってことにならなくてホント良かった。

五十肩(とか四十肩)って、加齢で起こるのがわかっているだけで、原因ははっきりしていないのだね。
今日見てくれた医師も言ってたけど、放置していると痛くはなくなるけど、可動域が狭まって腕が上がらないとかっていう「慢性期」という状態になるらしい。

肩の痛みの原因を肩専門医が解説

でも、ちょっとまだちょっと気になるので、肩の専門医のいる医者に行ってみようかなと思っている。

関連記事

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

2020年の挑戦

2019年に買って活躍したものたち

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です