USB-C to Lightningケーブルで「MFi規格」の認定をされたケーブルがまだない頃に、コネクター部分はアルミで結構しっかりしてると思って買った「aceyoon USB C Lightning ケーブル 1m PDチャージ機能対応 タイプC to ライトニング 急速充電 + データ同期 USB Type-C Lightning」という製品。

上の写真がそうなんだけど、Ankerのじゃないからね。まとめるやつ使ってるだけで。

iPhone XやiPad Pro 10.5はこれで高速充電できる、今でも。ところがiPhone 11 Proに接続したところ、うんともすんとも言わない。エラーも出ない。でも充電できない。アップル製のUSB-C to Lightningにすると充電できる。なんか周辺機器に厳しくなったって話も聞いたので、それかもしれない。

iPhone 11 Proに付属していたケーブルはそのままにしておきたいので、Ankerのケーブルを買いました。aceyoonでもっと安いのを売ってたんだけど、使えないと困るから今回はこれで。

関連記事

Anker PowerLine II USB-C & LightningはiPhone 11 Proでもちゃんと使えた

「Pro」に負けないiPhone 11のナイトモード、いい雰囲気の写真が手軽に

iCloudもパソコンも不要、iPhone同士でデータを直接移行する便利な方法とは

Apple Pencilの書き味改善ペン先

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

Pages 8.0でついに日本語縦書き対応!

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です