去年の11月頃にPontaがiPhoneのWalletに対応して、レジの読み取り機にかざすだけでポイントカードを提示できるようになった。それだけではなく、1回の読み取りでApple Payでの支払いとPontaを提示を同時に行う機能も提供されている。

この機能を使うには、ちょっと使う側が覚えておかなければならないことがある。

何度か試して、うまく行くときと行かない時があって何が違うんだろうと思っていたが、「エクスプレスカード」の設定で呼び出してはダメなのだ。
Pontaの公式サイトに書いてある通りにすればいいんだけど、エクスプレスカードではダメだとは思わなかった。

自分はSuicaをエクスプレスカードに設定してあり、自動改札を通る時だけではなく、コンビニなどの会計時にもiPhoneをリーダーにかざすだけで支払っている。これだと認証作業が必要ないので楽なのだ。公式サイトにはサイドボタンのダブルクリック、ホームボタンのダブルクリックで呼び出すように書かれている。これはWalletアプリを起動して会計に使うカードを選んで認証をすることを示している。
自分が使っているiPhone Xの場合は、サイドボタンのダブルクリックでWalletアプリを起動できる。
Walletアプリを起動してはじめに選択されるカードは、エクスプレスカードとは別に「メインカード」という設定があり、そこで指定しておくといい。エクスプレスカードとメインカードは同じでもいいので、Suicaにしてある。

これで問題なく、会計とPontaカードの提示が同時にできるようになった。

Apple Payでの支払い時にPontaカードが読み取られるようにするには、Walletアプリを起動して支払うカードを選択し、認証を済ませておかなければならない

関連記事

Anker PowerLine II USB-C & LightningはiPhone 11 Proでもちゃんと使えた

TuneMobie Apple Music ConverterはSierraで使え!

TuneMobie Apple Music Converterの動作環境

iPhone 11 Proでは今まで使っていたUSB-C to Lightningケーブルが使えなかった

「Pro」に負けないiPhone 11のナイトモード、いい雰囲気の写真が手軽に

iCloudもパソコンも不要、iPhone同士でデータを直接移行する便利な方法とは

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です