2年ぐらい前に「Apple Watch最強化計画〜非純正リンクブレスレット」という記事を書いた。Apple Watch Series 2のステンレスケースモデル用にリンクブレスレット風のパチモンバンドを購入した話だ。

2999円だったけど結構満足のいくもので、今でも愛用している。
しかし、1年後ぐらいにリンクブレスレットそっくりなステンレス製バンドを見かけなくなっていた。権利関係?とか思ったのだけど、最近、久しぶりにAmazonで見かけたので、スペースグレイのSeries 4用に黒いのを買ってみた。

今回購入したのは「Haotop Compatible for lWatch アップル ウォッチ バンド マグネットロック設計 ステンレス留め金製 ベルト 高級腕時計ストラップ/バンド (42mm/44mm, ダーク 黒)」という商品。2399円だった。

今回購入したのは「Haotop Compatible for lWatch アップル ウォッチ バンド マグネットロック設計 ステンレス留め金製 ベルト 高級腕時計ストラップ/バンド (42mm/44mm, ダーク 黒)」という商品。バンドの長さ調節用のピン抜きが以前買ったバンドについていたものよりしっかりしてる

見た目も手に持った感じも、以前、Series 2用に購入したバンドとそっくり。若干、ちゃっちい感じも。それでもこの作りなら十分満足。
そのため、Apple Watchと接続部部分やバックルの開閉に関しては、以前の記事を参照していただきたい。

バックル部分のデザインも純正そっくり

バンドから上下3個ずつ、合わせて6個コマを抜けば、自分にちょうどいいこともわかっていたので、取り付ける前に抜いておいた。

コマをジョインとしているピンはシルバー。外からは見えないけれど、こういうところがパチモン。このコマ抜き器具は使いやすかった
バンドを上下分割できないので、こんな風に上下同時に取り付け/取り外ししなければならないのも、以前買ったバンドと同じ

バンドの着脱は上下同時にやらなきゃなんない。バックルを開いたほうがやりやすいのだけど、両方同じようにスライドしていかないと引っかかったり、バックル部分に負荷をかけてしまう。Apple Watch本体を破損してしまう場合があるかもしれないので注意だ。

アルミケースのスーペースグレイとバンドの色を比較すると、ケースの方が若干青みがあり、完全に同じじゃない。それは純正のリンクブレスレットでも同様。アルミケースにリンクブレスレットをつける場合は仕方がない。ステンレスケースモデルはスペースブラックで黒だし、素材も同じなので気にするならステンレスケースのモデルを買った方がいいだろう。

アルミケースにステンレスバンドだけど、そんなに変じゃない。ホントは本体もステンレスの方がいいんだろうけどね。本体をステンレスケースにカモフラージュするならNike専用の文字盤を使っちゃダメだよね

関連記事

耳が気持ちE!AirPods Pro

Anker PowerLine II USB-C & LightningはiPhone 11 Proでもちゃんと使えた

iPhone 11 Proでは今まで使っていたUSB-C to Lightningケーブルが使えなかった

Apple Pencilの書き味改善ペン先

Hey Siriが使えてワイヤレス充電にも対応のAirPods 2登場!

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です