以前、YouTubeから普通に動画を貼り付けた時にレスポンシブになるようにWordPressを少しいじった。
↓これが「その1」
WordPressにYouTube動画を埋め込む

カスタマイズ方法が書かれている記事を参考にしてやって一見うまく行ったように見えたのだけど、Amazonから貼り付けたパーツの行間が超開くようになってしまった。改めてソースをじっくり見ると、iframeタグを無条件でYouTube用に置換しているので、Amazonのパーツまで影響を受けているようだった。

自分で場合分けのスクリプトを追加してみようかと思ったのだけど、探してみたらちゃんとURLを見てコードを追加する例もあった。

WordPressの投稿にURLだけでYouTube動画を埋め込む際のHTMLをカスタマイズする方法

ここで紹介されている方法をそのまま使ったらうまく行きました。

関連記事

TuneMobie Apple Music ConverterはSierraで使え!

TuneMobie Apple Music Converterの動作環境

iCloudもパソコンも不要、iPhone同士でデータを直接移行する便利な方法とは

Pages 8.0でついに日本語縦書き対応!

新宿でToday at Apple!「Morpholio Traceを使った透視図」

OpenEmuとPS4コントローラーでMacが最強ゲーム機に

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です