SONY MDR-XB50

友人がやっているカフェで来月DJに初挑戦することになった。

使うのはとりあえずiPadの「djay」というアプリ。ずっと温めていたプレイリストがあるのでそれをベースに20分にまとめる。飛び入り参加という位置づけてなので、20分を目安でとお願いされたのだ。そのぐらいで丁度良い。

音を出していない方のターンテーブルの音をモニターして同期してみたいなことをしなくても、アプリ上でテンポを合わせておいてタイミングに合わせてキューボタンをタップすれば良いのだけど、練習するのにAirPodsだと遅延があるのでどうにもならない。

というわけで有線イヤホンを購入した。ソニーのMDR-XB50。販売価格3000円台(購入時3240円)でだいたいいつも問題ないから、今回も適当に選んだ。ベースブーストドライバー採用と書いてあって、ベースがバシバシ聴こえるのは好きなので良いかなと思ったのだけど、想像していた感じとは違った。

MDR-XB50
MDR-XB50のハウジングは思っていたよりもでかい。Amazonの写真ではここまでとは思わなかった

ハウジングハウジングもやけにでかくて横に張り出している。前に買って良いと思ったMDR-EX450にしておけば良かった。同じじゃ面白くないって思ったのがいけなかった。

まあ、普段はAirPodsで、有線イヤホンはこういう時にしか使わないからいいんだけどね。久しぶりにカナルタイプのイヤホンを耳に入れたらかなりの圧迫感。長くはつけていられそうにない。MDR-EX450がどうだったか思い出せないのだけど。

次に買うとしたらMDR-EX450か、その後継機にしようと思う。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です