アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?
アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?
iPhoneからも探せるが……

アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?」という記事を書きました。(日経トレンディネット)

iOS 10.3で使えるようになった「AirPodsを探す」の使い方を紹介する記事を提案したのだけど、無くさない方法という観点にした方が良いとアドバイスされた。でも書いてあることは、無くさない方法は最後の1つぐらい。あとは無くしたらどうなるかと、探す方法。「AirPodsを探す」がどんな時に使えて、どんな時に使えないかという検証。
でもそれで良いのだろう。

関連記事

iPhoneは初期設定で使うな2021年版が出ました

コロナ禍で生きるiPad Air(第4世代)の指紋認証、新方式のTouch IDに戸惑う

「小さくなっただけ」が実はすごい、思わず二度見するiPhone 12 mini

そのスペックに思わず妄想が膨らむ、Apple Silicon搭載Macのすごさ

逆光撮影にハマる!iPhone 12 Proのコンピュテーショナルフォトグラフィー

iPhone 12のデザインは「iPhone 5への回帰」?いいえ、全然違います

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です