アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?
アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?
iPhoneからも探せるが……

アップルAirPodsの弱点、「紛失」は防げるのか?」という記事を書きました。(日経トレンディネット)

iOS 10.3で使えるようになった「AirPodsを探す」の使い方を紹介する記事を提案したのだけど、無くさない方法という観点にした方が良いとアドバイスされた。でも書いてあることは、無くさない方法は最後の1つぐらい。あとは無くしたらどうなるかと、探す方法。「AirPodsを探す」がどんな時に使えて、どんな時に使えないかという検証。
でもそれで良いのだろう。

関連記事

「MacBook Air」と「iPad Pro」の2020年モデル、テレワークに向くのはどっち?

iPhoneとiPadが障害者支援に威力、青森県の「りんご」使い方講座がユニークだ

東日本大震災の教訓生かせ、あの「りんご」は青森県の情報弱者を救えるか

MacのOSを旧バージョンに戻したいけどバックアップが無い、その時どうする?

【Apple Watch フィルムおすすめ5選!】気泡が入りにくい・指紋がつきにくい

文字盤の常時表示で「普通の時計」に進化したApple Watch Series 5

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です