氷だけでアイスコーヒーを作ってみた

注文していたコーヒーミルが届いた。エスプレッソメーカーでちょうど良い細かさに豆を挽くためだ。ただ、エスプレッソメーカーで淹れたコーヒーが自分の望むエスプレッソにならないのは豆の挽き方が荒いせいかどうかも分からない段階なので、そんなに高価なものを購入する勇気がなく、1000円ちょいで買える「CITUS 手挽きコーヒーミル セラミックカッター 手動ステンレスミル」にした。

安いけど細かさを調整でき、コンパクトで見た目もかっこいい。ステンレスの素材が、愛用のマグカップやビアレッティ直火式ヴィーナスとも合う。

ここでもAmazonのややこしいところで、同じと思われる商品がいろんな値段でいろんなところから売られている。レビューを見るとすぐ壊れたとか書いてあったりするけど、使ってみないことにはわからない。

CITUS 手挽きコーヒーミル セラミックカッター 手動ステンレスミル
細かく挽く設定にすると結構回さないと挽き終わらない

結果、このミルで豆を細かく挽くと直火式のエスプレッソメーカーで、自分の飲みたいエスプレッソができた!
嬉しい!

コーヒー豆を計測するスプーン2杯分の豆を挽くと、4カップ用のエスプレッソメーカーにちょうど良い量が引ける。それで淹れたエスプレッソを氷を入れたカップに入れてアイスコーヒーにすると、ちょうどいい味になった。350ccのカップ1杯分の量が作れた。少し濃いめ。

氷だけでアイスコーヒーを作ってみた
氷だけでアイスコーヒーを作ってみた。エスプレッソっぽい泡立ちが少し

ミルもそんなのすぐに壊れるよう感じもしない。使わないときはハンドルを外しておけるので、場所も取らなくていい。以前のミルは捨ててしまった。エスプレッソメーカーとミルを合わせてもそんなに高くない出費で、毎日のコーヒーがこんなに美味しくなるなら、かなりお買い得だった。

(4/10追記:3ヶ月使ってるけど壊れてないよ)

関連記事

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

2020年の挑戦

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です