3/21のAppleの新製品、目玉は廉価版のiPadと(PRODUCT)RED™のiPhone 7だった。

そういえば、22日がグダグダだったのは、21日にグダグダしちゃったから引きずらないように早く寝て、明日から切り替えようと思っていたのに、Apple StoreがComing Soonになっていて21時半に何か新製品が追加されるということがわかったから、待機していたのだった。

で、グダグダしてしまったということだ。というのは言い訳だけど、そういう準備をしっかりしていくと、軌道に乗りやすいから、そうしたほうがよい。しかも1度つまずくと立て直すのが難しいから。淡々と淡々と進めていくべきなんだ。

そもそも21日は休みにしてもいい日だった。前日がんばり過ぎたせいか、スタートがうまくいかなかった。そこできっぱりと休めばよかったのにグダグダやっちゃったんだよ。仕事の予定と同じように休みの予定もしっかり立てて、それに従う。これからはそうする。

で、新製品の話。

発表会なしで、ちょっとした製品が追加されるという話は先週に聞いていたのだけど、発表会なしで追加されるほどちょっとした製品ってなんだろうって思ったわけ。それと、来週プログラミング関係ということで、Appleからブリーフィングに誘われているので、ちょっとした製品はiPadではないかなという気はした。

でも、噂の10.5インチのiPad Proが、ちょっとした製品のわけがない。発表会なしで追加するのはもったいない。とすれば、個人的な希望バイアスでiMac 5K 2017? とも考えたけど結果は、廉価版iPadだった。そしてプログラミング関係というのは、正確には教育分野ということも含まれており、Swift Playgroundの日本語対応だった。つまり手に入りやすくなったiPadでSwift Playgroundを使おうという話なのだ。

Swift Playgroundが日本語化された

そういうある種の期待を裏切る感じだったからか、4月末刊行が予定されいたMac関係のムックが、6月以降〜10月ぐらいに延期になった。個人的には色々と詰まっていたので、少しホッとした。

代わりにということで、依頼された2ページのライティングを引き受けた。2ページなら余裕があるとちょっと無理したつもりだったけど、InDesignファイルに指定文字数で文章を入れるだけだった。これなら4ページ引き受けてもよかったかもしれない。

InDesignが関わる仕事が本格化する前に、iMac 5K 2017出ないかなぁ。

関連記事

PayPalにチャージされていたお金でParallels Desktop 15を買った

実質940円の手挽きコーヒーミルが意外に良かった

ついに自分もオンラインミーティング

SwitchはUSB-AとCどっちで充電したらいいの?

トリックルームパーティの改良案(1)

五十肩になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です