akibyonです。
RetinaじゃないMacBook Pro 15-inch, Mid 2012を最強化計画と称していろいろやってきましたが、ぶっちゃけ内蔵ストレージは、でかいのが1つだけあるのが使いやすいし、光学ドライブも使えたほうがよい。
というわけで、960GB SSDを導入して、光学ドライブももとに戻しました。今のところは、RetinaのMacBook ProにもSSDは768GBまでしかないので、全世界最強のMacBook Proと言っていい!
crucial M500 960GB SSD
こんなに薄くて小さい箱に入ってた。メール便で送られてきてなんだかわからなかったぐらい軽い。国内正規販売代理店のだったから3年保証がついてた。
crucial M500 960GB SSD
今まで入ってた512GB SSDを取り出して並べた。上が512GB、下が960GB。
crucial M500 960GB SSD
厚さは960GBのほうが薄くて7mm。512GBは9.5mm。
crucial M500 960GB SSD
HDDベイ側に960GB SSDを入れたところ。光学ドライブベイに入っているHDDは、これから取り出して光学ドライブに戻す。やり方は前にも書いたし、いろんな人が書いているから、今回は書かない。
crucial M500 960GB SSD
7mm厚だと薄くて具合が悪いとき用にスペーサーがついてきたんだけど、MacBook Proはしっかり固定できるので使わず。
crucial M500 960GB SSD
ファイルを移行してこんな感じ。もうすでに空きが202GBってことだけど、Finderで見ると350GBぐらいは空いてる。この差はローカルバックアップをカウントするかしないかの違い。ローカルバックアップは実際に空き容量が圧迫されてきたら勝手に消えるから気にしない派です。
今までは、容量を食うiPhotoライブラリ、iTunesライブラリを光学ドライブベイに入れたHDDによけて保存してたわけだけど、1ドライブでスッキリ! iPhoto、iTunesの起動も速い。ドライブの回転音が無くて静か!(今は冷房してないと冷却ファンがうるさいんだけど)
これで容量が足りなくなったら、今度は光学ドライブベイに512GBのSSDを入れる。最強になったと思ったら、まだ先に最強への道があったぜ!

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です