akibyonです。
タイトルの英語、あっているのかどうかわかりませんが、毎晩、布団の中でiPhoneでhuluなんかでビデオを見つつ、寝落ちしています。だからiPhone 5になって、何がうれしいかって、画面が16:9になったことです。
iPhone 4Sまでの3:2の画面では、ひと回り小さく16:9のコンテンツを再生するか、縦はiPhoneの画面サイズまで拡大して、左右をカットして再生するしかなかったのです。ちょっとの違いなんですが、やっぱりフルスクリーンで再生できたほうがいい。

こんな感じ。
その画面の縦横比の関係で、一時期は使い道のなくなっていたXPERIA arcをビデオマシンとして使っていたことがありました。なんでやめちゃったかというと。

XPERIA arcで再生するとこんな感じ。
さっきから載せている画像に、赤の矢印があるのが気になりませんか?(モザイクは気にしない方向で)
これからビデオ in bedをやるときに大変重要なことを言いますよ。マシンは布団に横になって、顔の上に掲げる感じで持つわけですから、しっかりホールドしておく必要があります。

XPERIA arcは、本体の下の3つの基本スイッチがある部分が、すごく狭いんです。

だから、横向きに持ったときに人差し指の腹が、画面にかかってしまいます。

かかるだけならいいんだけど、画面に触れちゃうとコントローラーが表示されちゃう。このアプリの場合、左下にある鍵アイコンをタップするとロックがかかって、画面に指が触れてもコントローラーが出なくなるんですが…。

今度はコントローラーを出したいときに、画面を一度タップして、左上に表示される鍵アイコンをタップし、ロックを解除しなくてはなりません。

iPhone 5っていうか、iPhoneは、どんなにがっつり持っても、画面に指がかからない。
なんて素晴らしいんでしょう。額縁を、ただ狭くすればおしゃれでかっこいいってわけじゃないんです!

ただ、これを書いていて気がついてしまったのですが、XPERIA arcの上側を持って横にすれば、指の腹が画面にかかる問題は解決しますな。
という話でした。

関連記事

YouTubeの動画をダウンロードして音声を取り出す

OpenEmuで2枚組のゲームをプレイするには

KindleGenはmacOS Catalinaでは動きません

Xcode 11.1がインストールできないとき

TuneMobie Apple Music ConverterはSierraで使え!

TuneMobie Apple Music Converterの動作環境

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です