フラットケーブルで接続

ジーニアスバーに行ってきた
akibyonです。

朝まで使っていたMacBook (Retina 12-inch, Early 2015)、昼過ぎに出先で液晶を開くとログイン画面が表示されず、真っ暗のまま。
これまで使っていたMacBookシリーズでも、ときどきあることなので、電源ボタンを長押しして強制終了後、再起動。だいたいはこれで直る。

だけど、起動音はするのに画面は暗いまま。PRリセットも試して、ジャーンを2回聞いて指を離したけど直らない。SSDだし、ファンレスだしで起動してても無音だから、画面が表示されないとどういう状態にあるのかさっぱわからない。つまり、電源ボタンを長押しして強制的に終了された状態か、起動していて画面が表示されない状態なのかがわからない。

感覚的には、たぶん、自分ではどうしようもない。だから速攻、ジーニアスバーを予約した。でも最速で13日。その日は都合が悪いので、14日にした。午前中は予定があるので、余裕を見て15時半に予約を取った。Mac miniがあるので大丈夫なのだけど、なんか気が気ではない。こんなに忙しいときには出先で何もできないのは困ったなー。
とFacebookに書いたのは11/9のこと。

その後、起動している時は、capslockキーを押すとLEDが点灯し、起動していない時は点灯しないというところで識別できることに気がついた。USB-C Digital AV Multiportアダプタで、HDMIモニタに出力できないかどうか試してみたけど、ダメだった。いじくり過ぎて悪化させても良くないと思ったので、これ以上ジタバタせずに14日まで待つことにした。

当日、予約時間よりも早い15時10分前ぐらいに渋谷のApple Storeについて、一応スタッフに伝えてチェックインするとすぐに見てもらえることになった。

結果。

直りました*\(^o^)/*

ジーニアスに見せたら、初めはロジックボードの交換かもという話だったのだが、試したいことがあると言って、バックヤードに引っ込んで5分ぐらいすると「とりあえず起動できるようになった」とのことで、嬉しい半分、疑問たくさん。

初めに見せたときに、すぐにキーボードのcapslockキーを押して、点灯しないことを確認し「今は起動していませんね」というので、こやつできると思った。

どんなことをしたことを教えてもらうと、ジーニアスの人たちの間では「ロジックボード上の電源スイッチ」と呼ばれるスイッチを押して、バッテリーからロジックボードへ供給される電流を切って、再接続(その方法は聞き忘れた)すると起動したらしい。

最終手段の強制終了だとか。

ロジックボード上の電源スイッチ
iFixitにある写真でいうと、今まさに押そうとしている黄色いスイッチがそう。MacBook 12inch Retinaにしかないようなことを言っていたけど、今のところは裏はとってません。シャットダウンしていてもロジックボードには通電していて、ネジを中心して反対側に埋め込まれている小さなLEDが点灯しているらしい。

ただし、こうなった原因が特定できたわけではなく、不明だということで、念のためにロジックボードの交換という方法もあるとのことだったけど、すぐ使えたほうが今はありがたいので、再発するようなら考えるということで引き取ってきた。ロジックボード交換だと、5日程度、1週間以内預けることになる。まあ、この状態になってから今日まで5日は使えなかったと考えれば、それもありだったのだけど。

AppleCareに入るのは今しかないかと思ったが、それも買ってから1年以内なら、iPhoneなどとは違って起動しなくなっていても入れるとお墨付きをもらったので(水濡れとか落としたとかそういうのはもちろんダメ。iPhoneは買ってから30日以内)、1か月ぐらい考える。再発時は、ピックアップ&デリバリー修理を依頼するとよいとアドバイスされた。ロジックボードの交換だと、Apple Storeで受け付けても結局は工場行きになるから、Apple Storeを経由しない分早いし、こっちも楽。

フラットケーブルで接続
ついでにMacBook 12inch Retinaのバラシを調べてみると(今まではバラす気が全くなかったので調べもしなかった)、裏蓋は他のMacBookシリーズのように単なるアルミの1枚板として、ペラット外れるものではなく、ロジックボードとバッテリーが貼り付いて一体になっている。キーボード側ともケーブルで接続されているため、コネクタを外さないと、180度まで開くことはできない。
Apple Storeには、45度ぐらいで固定できる専用の台があり、裏のネジを外したところで、上下ひっくり返し、キーボード側を上に開いて固定。ロジックボードが下に位置するので、コネクタを外さずに楽にいじれるのだそう。

そういう話が、昨日の収穫。

ロジックボード交換系の故障は、交換後も再発とかよくわかんないループにはまることがあったので(PowerBook G4のとき)、再発したら嫌だなーす。

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です