PowerBook2400を買った。値段はメモリを64MB追加して(合計80MB) 374,800円(税別)。本体だけだと339,800円(税別)だ。最近、お気に入りの店「マックアカデミー」で買った。

値段は今はじりじり下がっている最中なので、たぶんそのうち本体だけで30万円を切るところまで行くような気がする。おれとしては「このぐらいでいい」という感じだったので買った。

箱を抱えて家に帰る途中で、起動したらすぐにMacOS8をインストールしてしまうことを思いついた。
 
起動してすぐにMOにバックアップを取りディスクを初期化した。MacOS8の日本語版はまだ出ていないので、MacOS8 + JLK +JKU for MacOS8という環境で日本語化した。もうちょっと待てば出るんだけども。
Mac OS 8 on PB2400c
インストールは簡単。なるほど、確かにインストーラはMacOS7.6よりもさらに洗練されていた。
Librettoで使っていたTDKのLANカードも、RATOCの28.8Kモデムカードも、PHSデジタル通信カードもそのまま使えたので、その辺りに費用がかからなくて良かった。
注:1998/3/9付けMacWIREの「東京都内調査対象ショップ相場データ」では、本体だけで\247,000~\278,000だ

関連記事

Apple Siliconは4回目、Macの歴史にあった「3回の大変革」とは何か

Vinpok Taptekの説明書をなくしたときのために

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(2)

MacBook Pro 2012に64ビット版Windows 10をインストール(1)

Sierraのインストーラーを公式から入手する方法

過去のmacOSをダウンロードしたい

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です