おれがSE/30を買ってMacユーザになったときから使っているソフトがEGWORDだ。今年もアップグレードの案内が来た。もっとも最近はEGWORDはほとんど使わず、同梱されているIMであるところのEGBRIDGE目当てにバージョンアップし続けているわけだが、さすがにもったいないなと思うようになってきた。
EGWORDのアップグレード価格は10,500円、EGBRIDGE単体でのアップグレード価格は5,000円。
EGBRIDGEユーザが優待価格でEGWORDに買うパスはあるのに、EGWORDユーザがEGBRIDGEだけを優待価格で買うというパスはない。新規ユーザとしてEGBRIDGEを買う必要がある。その場合は9,800円。前回は9,800円と10,500円を比較して、大した違いじゃないからEGWORDをアップグレードすることを選んだのだけど、そのとき9,800円のほうを選んでおけば、今年は5,000円で済んだわけである。EGWORDは数回使ったかなという程度だ。今年はEGBRIDGEだけを買おうかなと思う。
自分としてはマイクロソフトのWORDよりも、エルゴソフトのEGWORDのほうがずっと使いやすいんだけど、もうMacで積極的にワープロ使うことないし、使ったとしてもWindowsとのからみで、マイクロソフトのWORDを使うから。

関連記事

Cloud Outliner Proを導入してみました

「スナックに行ってみたかったあなたへ」を読んで思い出したこと

Macだけでも351ELECのmicroSDは作れる!

もっと簡単にMacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacでPlaystationのディスクをイメージ化する

MacBook Airにスタンドをつけたら快適になりました

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です