テンキー付きのMagic Keyboardがあった

六本木のAppleで行われたブリーフィングに参加してきた。

内容はWWDC 2017で発表されたMacBook Pro、iMac、iPad Proのこと。iMacもiPad Proも既に自分で使っているが技術情報をAppleのスタッフから直に聞けるのはありがたい。

収穫はiPad Proについて。画面のリフレッシュレートが120Hzになったことは知っていたが、iPad ProはApple Pencilと240Hzのサンプリングレートでやり取りしているとのこと。実はこれは以前のiPad Proでも同じだった。Apple Pencil側は何も変わっていないが、画面への描画が倍になることでより遅延を感じさせなくしている。今度書く記事のネタにしよう。

またiPad ProでAffinity Photosのデモを見せてもらった。かなり使えそうだ。自分も導入しようと思う。

関連記事

美味しかったMEAL REPLACEMENT BAR

筋トレで健康診断に引っかかるってこれか

BCAAを入れるのにちょうどいい容器

1キロのコーヒー豆を最後まで美味しく飲むために

朗読劇「三國戦国」を観劇

BCAAの味、これまでの感想

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です