iPadの手書き文字認識「スクリブル」、iPadOS 15の日本語対応でこんなに便利

日経XTECHで連載している「あなたが知らないiPhone」の通算92回目が公開されました。

毎年秋の登場が恒例になっている「iOS」「iPadOS」のメジャーアップデート。2021年は「iOS 15」「iPadOS 15」となる。正式リリースはまだ先だが、「Apple Beta Software Program」という無料のプログラムに登録すると、端末のユーザーなら誰でも現時点のパブリックベータ版をインストールして試すことができる。
今回はiPadOS 15で対応予定の「日本語手書き文字認識」機能の使い方を詳しく紹介する。正式版で試した上で記事にするのが筆者のポリシーなのだが、日本語手書き文字認識にとても感激したため、今回は速報性を優先しベータ版を試した。
英語などの手書き文字認識は「iPadOS 14」で既に対応し、操作方法はiPadOS 15のベータ版にも引き継がれている。正式版で大きく変更されることはまずないと考えているが、それでも正式版とは異なる可能性がある点に注意してほしい。
今回は取材に基づき、さらに特別な許可を得た上で、iPadOS 15のパブリックベータ版の画⾯を使って紹介する。

続きはこちらで
iPadの手書き文字認識「スクリブル」、iPadOS 15の日本語対応でこんなに便利

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。