ストレージや写真、メールなどiCloudの便利機能を押さえる

第14回
ストレージや写真、メールなどiCloudの便利機能を押さえる

iCloudのストレージとしての機能には「iCloud Drive」という名前が付いている。iCloud Driveのストレージに余裕があると活用の幅がぐんと広がる。まずは他者とのファイルのやり取りに使う方法を紹介しよう。iCloud Driveに保存されたファイルのリンクを取得し、そのリンクを相手に伝えてダウンロードしてもらえば、離れた場所にいる人とのファイルのやり取りは簡単だ。以前からあった機能だが、これまではやや複雑な手順を踏む必要があった。それが、Big Surではほかのクラウドストレージサービスと同じような使い勝手に改善されている。また、iCloudと同期されたファイルは端末上で削除するとiCloud Driveからも消えてしまうが、30日以内ならば復元可能だ。

↓目次はこちら
M1搭載機で始めるMac入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。