Macファイル管理の新技、かなり優秀なスタックとフォルダーを併用する

第10回
Macファイル管理の新技、かなり優秀なスタックとフォルダーを併用する

Macの「エクスプローラー」とも言える「Finder」は、見た目こそシンプルだが、ユーザーの使い方に合わせて細かくチューニングできる。使いやすく設定しよう。
 Macのデスクトップがファイルで散らかる傾向にある場合は「スタック」機能をオンにしてみよう(図8)。デスクトップ上のファイルが種類ごとに「スタック」と呼ばれる重なった状態で整列する。スタックは種類のほかに追加日や変更日などに変更可能だ。スタックの中身にアクセスする際は、スタックをクリックして展開しよう。フォルダーはダブルクリックで開くが、スタックはシングルクリックなので初めは少し戸惑うかもしれない。

↓目次はこちら
M1搭載機で始めるMac入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。