New 3DS LLにもCFW(Luma3DS)入れちゃった

3DS LLにLuma3DSというCFWを入れて色々といじってるうちに、旧3DSよりも強力なCPUの乗ったNew 3DSだとどのぐらい違うのかが気になって、オークションで中古のNew 3DS LLを買ってしまった。

New 2DS LLを持ってるから試したいならそっちで試せるし、そもそもRG351PとRG351Vを持ってるから3DSではDS系のゲームが遊べればそれで十分。New 3DSを買う必要はない。って思いつつも、1ヶ月ヤフオクの落札状況を見ていて、これ安いんじゃないか?って思った瞬間があったので買ってしまった…

届くまでやっちまったなーって感じがしたんだけど、届いたNew 3DS LLを見ると傷はおろか使用感が全くなくピカピカで感激した。いいものを買えた!って思った。タッチペンもついてる(結構ついてないのが多い)。

しかも操作しているうちとすぐに手に馴染む感じがあった。New 2DS LLはなぜか手にフィットしない感じがあるんだけどなぜだろう。

とにかくすぐにお気に入りの逸品になり、急きょケースと液晶保護フィルムをつけて使うことにした。ビッグカメラやヨドバシにはもうほとんど売ってなくて、Amazonにも商品が少なくなってた。

ケースはこの手の周辺アイテムの老舗サイバーガジェット製。普段ならカバーさえできればなんでもいいって思うところなんだけど、New 3DS LLがあまりにもよくて、ケースも奮発しちゃった。クラリティって薄くて軽い素材でできてる。旧3DS LLでは分厚くて硬いポリカーボネート製のケースをつけてたから、ひと回り小さく薄くなったかのよう。
なかなかよかったのでNew 2DS LL用もこれに買い替えたいんだけど商品ラインナップになかった。やっぱり現行機種だった期間が長いのはNew 3DSなので種類は多いし、在庫も残っているんだと思う。

保護フィルムは上画面がガラス、下画面は樹脂だった。どっちもガラスだと思っていたので、え?って思ったんだけど、New 2DS LLに貼った保護フィルムは下画面もガラスで、タッチペンの反応がいまいちになってる。そう考えると下画面は樹脂で正解なんだろうと思う。この組み合わせで売ってくれてるのはよかった。

タッチペンは旧3DS LLでもストラップ付きの伸びるやつを使っていた。ポケモンって結構タッチペンで操作した方がいいようになってるんだけど、それ以外のゲームって実はそうでもなかった。ドラクエ11をやってみるとタッチペンなんてほとんど使わない。対応している場面はないんじゃないだろうか。ドラクエ9はタッチペンでキャラの進む方向を変えたりできたけど、それはスライドパッドでやった方がすっとスムーズだった。

というわけでタッチペンはそんなに必要ないかもって思っていたんだけど、たまたまAmazonにNew 3DS LL 用が残っていたので買っといた。

動作確認はそこそこにCFWのLuma3DSを入れた。
やっぱり参考にしたのは↓ここ
https://3ds.hacks.guide/ja_JP/ntrboot

2回目なので結構スムーズにできて少し理屈もわかってきた。
1回目は自分が何をしてるかわからずただ書いてある通りにやるので精一杯だった。そもそもFlashカードを使う理由も分かってなかった。その後調べたら、Flashカードなしでもできるって書いてあったから。
要はFlashカードを使うことによって、本体システムの元々のバージョンによらずに進められるってことみたい。対応のFlashカードを持っているなら使った方が簡単だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。