「自炊」で手持ちの本をPDF化、Kindle Paperwhiteで快適に読む方法

夏休みとか年末年始休みなどの期間に、日経XTECHで「夏休みスペシャル」みたいな感じの特集が組まれます。
ネタは結構ライター任せで好きなことが書けるから、ここのブログで意外に人気の自炊した本をKindleで読む方法を、最新の状況を踏まえて、商業サイトでも読めるようにブラッシュアップして書き起こしました。
スクリーンショットやKindleの画面に表示されるページなども著作権に配慮して自分で作りました。

筆者は自分が所有している書籍やコミックスなどのほとんどをドキュメントスキャナーでパソコンに取り込んでPDFファイルに変換した。紙の本をいわゆる「自炊」で電子書籍化したのである。
当初は「iPad mini」で読むことを想定していたが、今は「Kindle Paperwhite(2018年モデル)」をメインで使っている。iPad miniよりも軽いことに加え、防水なので浴室でも読めるからだ。しかしKindleで快適に読書できるまでには様々な試行錯誤があった。
試行錯誤の末にたどり着いた「自炊した電子書籍をKindleで快適に読む方法」を紹介する。なお、本記事の写真やスクリーンショットに写っている書籍やコミックスを模したページは筆者が自作したサンプルであることを付け加えておく。

●KindleはPDFファイルを直接開けるが…
筆者が所有するKindle Paperwhite(以下Kindle)は、「E Ink(電子ペーパー)」と呼ばれる仕組みのディスプレーを搭載したモデル。モノクロ(16階調グレー)だが通常の液晶ディスプレーと比較して紙の印刷物に近い表示が特徴だ。
きょう体は文庫本をひと回り大きくしたようなサイズで、厚さは約8mm。重さはWi-Fiモデルが182g、Wi-Fi+4Gモデルが191gと非常に軽い。片手で楽に持つことができ、寝転んで読書してもまったく苦にならない。
実はKindleにはPDFファイルを表示する機能が標準搭載されている。自炊してPDF化した電子書籍を読む用途にもよいのではないかと考えて購入した。
Kindleを付属のケーブルでパソコンに接続すると、外部ストレージとして認識される。ルート直下にある「Documents」フォルダーにPDFファイルをドラッグ&ドロップするだけで転送は完了する。
パソコンとの接続を解除してKindleを開くと、Kindleストアで購入した電子書籍のリストの中にPDFファイルも同じように並び、タップすると表示できる。

続きはこちらで
「自炊」で手持ちの本をPDF化、Kindle Paperwhiteで快適に読む方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。