日経XTECHにiPad(第7世代)のレビューを書きました。

2019年9月10日に開かれた米アップル(Apple)のスペシャルイベントでは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch Series 5」のほかに、「iPad(第7世代)」が発表された。名前に「Air」や「Pro」などが付かないため「無印iPad」とも呼ばれている。

無印iPadはスペック的に最下位といったこともあり、iPad Proを愛用している筆者としては、安価であること以外に注目する点はないと考えていた。それどころか、これから購入する人には無印iPadではなく、「iPad Air(第3世代)」を薦めていたのである。

しかし今回のiPad(第7世代)を2週間ほど試用したところ、機能や使い勝手の面でも魅力がアップしていると感じた。

筆者が今でも愛用している「iPad Pro(10.5型)」は、iPad Air(第3世代)ときょう体はほぼ同じなので、iPad(第7世代)とiPad Pro(10.5型)の見た目の比較も交えてリポートする。特にiPad Air(第3世代)とiPad(第7世代)のどちらを購入しようか迷っている人は参考にしてほしい。

3万円台で買える第7世代iPad、純正キーボードやApple Pencilの使い勝手は?

関連記事

文字盤の常時表示で「普通の時計」に進化したApple Watch Series 5

「Pro」に負けないiPhone 11のナイトモード、いい雰囲気の写真が手軽に

iCloudもパソコンも不要、iPhone同士でデータを直接移行する便利な方法とは

【Apple系ライターが選ぶ】iPad Proケースのおすすめ5選!

【最新】iPhone XS用ケースおすすめ5選! Apple系ライターが選び方も解説

【Apple系ライターが選び方も解説!】iPhone XR用ケースおすすめ5選

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です