app-icon-round
akibyonです。

ブラックフライデーのセールで、Parallels Desktop for Macに総額5万円分ぐらいのアプリが無料でついてくる。その中に「1Password」がある。それだけでも普段は6千円以上する。

Parallelsの回し者ってわけじゃないのだけど、ある種のMacユーザーにとってはParallelsは必須アプリなので、どうせ買うならこのキャンペーンで買ったらお得かなと思う。あとカスペルスキーの1年分ライセンスもついてくる。どっちも持ってなかったら、この2つだけでも随分お得。

私が、今使っている1Passwordも、以前のこのキャンペーンで手に入れた。そういった意味では、Parallelsは毎年この時期に同じようなセールをやるってことだ。ブラックフライデー以外でもやっていたような気もする。

ただ、前までは1ユーザーで買い切り版だったのに、今回のは5ユーザー(家族で使えということらしい)で1年のサブスクリプション版になってる。こういうのまでサブスクリプションとはなぁ。同じアカウントで使えば、iOS版のアプリ内課金(1200円)もアンロックされるようです。Parallelsも毎年1回メジャーバージョンアップがあって、このタイミングで買い続けるなら1Passwordもカスペルスキーもサブスクリプションでいいってことにもなる。

iOS版は無料版で使ってもそんなに不都合はない。ただ、アンロックで使えるようになる機能の1つにApple Watch対応というのがあった。

使ってみないとわからないと思って、あまり詳しく確認しなかったのだけど、iPhoneやMac上の1PasswordでApple Watchで見たいエントリーを設定すると、Apple Watchで見れるだけ。

思いつくのは、会社とかのゲート、ATMの暗証番号のような指で押す暗証番号を見れるようにしておいて、うっかり忘れてしまった時に確認するみたいな使い方かなぁ。Macの画面のロックをApple Watchで自動解除できるようになったから、アカウントのパスワードを自分でも覚えられないようなのにしておき、起動後に初めて入力する時はApple Watchの1Passwordで確認して入れるってのもいいかも。

あ、意外と使い道あったわ。
app-icon-round

com-apple-macmini-unibody-no-optical
sierra-on-mac-mini-2012

akibyonです。

起動しなくなったMacBookの代わりに、Mac miniをSierraにした。大きなトラブルなく、すぐに仕事ができるようになった。でもレインボーカーソルがよく出る感じで、少々キツイ。こんなに長く現役で使っているMacは初めてかもしれない。自作Fusion Driveのおかげ。クアッドコアのCore i7モデルを買っておけば、良かったのかもしれないなぁ。

1996年12月〜2001年8月まで使ったPowerMac 8500って例もあるけど、あれはプロセッサーカードを2回アップグレードして使った。
Interware Booster750/233(1998年)→Sonnet CRESCENDO G3/400(1999年)
Apple Storeに行ったついでに、新しいMacBook Proを触ってきた。キーボードがMacBookよりも軽快な感じで打ちやすかった。微妙な違いだけど、結構効く。Magic Keyboardに近いかもしれない。

Boot Campユーティリティ
akibyonです。

Boot Camp、あまり好きじゃないんですよ。Parallelsとかの仮想環境の方がずっと手軽で簡単。それを置いといて。

Boot Campは、Macの標準機能だし無料で使えるところや、WindowsでMacのハードウェアの性能を完全に引き出すという意味では良いのだけど、Boot CampでWindowsをインストールするには、MacとWindows両方をかなり知っていないと、何かあったときにどうにもできないと思う。Windowsは、自作PCにインストールするレベル。

それでもわかりやすいように、誰でも簡単にできるように記事を書く。

最新環境でやってみるべきと思ったので、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)でやってみることにした。

今回から、Windows 10のみに対応で、それ以前のWindowsをインストールできないというのはアップルらしい。また、以前はWindowsの起動用かつドライバー類を保存するためにUSBメモリーが必要だったのだけど、それが不要になっていた。
Windows 10もプロダクトキーさえ持っていれば、MicrosoftのサイトからISOイメージをダウンロードできるので、前よりもずっと楽に始められるようになっている。
Boot Camp 6.1.0

ところが、Macが再起動して、次はWindowsのインストーラーが立ち上がるタイミングで全然起動しない。電源を強制終了しても、Macとしても起動しなくなった。

やばい。仕事できなくなる。

Safariアイコン

akibyonです。

先週ぐらいから、時々MacのSafariが異様に遅く、ネット接続のせいなのかなと思っていたのだけど、iPhoneやiPadのSafariでは全然遅くないので、Mac側の何かなんだろうと思っていました。

Safariを再起動したり、Macを再起動したりしてもあまり変わらない。アクティビティモニタを見ていても特に異常はなかった。そこで、Safariのキャッシュをクリアしてみたところ、嘘のように速くなりました。

たかがキャッシュで変わるものかと、手をつけずにいたのですが原因はここにありました。MacのSafariが遅いと思ったら、まずはキャッシュのクリアが超オススメです。

管理メニューを表示する
キャッシュのクリアは通常のメニューではできないので、環境設定から「メニューバーに“管理”メニューを表示」をオンにします。

キャッシュをクリアする
管理メニューからキャッシュをクリアします。