app-icon-round
akibyonです。

ブラックフライデーのセールで、Parallels Desktop for Macに総額5万円分ぐらいのアプリが無料でついてくる。その中に「1Password」がある。それだけでも普段は6千円以上する。

Parallelsの回し者ってわけじゃないのだけど、ある種のMacユーザーにとってはParallelsは必須アプリなので、どうせ買うならこのキャンペーンで買ったらお得かなと思う。あとカスペルスキーの1年分ライセンスもついてくる。どっちも持ってなかったら、この2つだけでも随分お得。

私が、今使っている1Passwordも、以前のこのキャンペーンで手に入れた。そういった意味では、Parallelsは毎年この時期に同じようなセールをやるってことだ。ブラックフライデー以外でもやっていたような気もする。

ただ、前までは1ユーザーで買い切り版だったのに、今回のは5ユーザー(家族で使えということらしい)で1年のサブスクリプション版になってる。こういうのまでサブスクリプションとはなぁ。同じアカウントで使えば、iOS版のアプリ内課金(1200円)もアンロックされるようです。Parallelsも毎年1回メジャーバージョンアップがあって、このタイミングで買い続けるなら1Passwordもカスペルスキーもサブスクリプションでいいってことにもなる。

iOS版は無料版で使ってもそんなに不都合はない。ただ、アンロックで使えるようになる機能の1つにApple Watch対応というのがあった。

使ってみないとわからないと思って、あまり詳しく確認しなかったのだけど、iPhoneやMac上の1PasswordでApple Watchで見たいエントリーを設定すると、Apple Watchで見れるだけ。

思いつくのは、会社とかのゲート、ATMの暗証番号のような指で押す暗証番号を見れるようにしておいて、うっかり忘れてしまった時に確認するみたいな使い方かなぁ。Macの画面のロックをApple Watchで自動解除できるようになったから、アカウントのパスワードを自分でも覚えられないようなのにしておき、起動後に初めて入力する時はApple Watchの1Passwordで確認して入れるってのもいいかも。

あ、意外と使い道あったわ。
app-icon-round

iPhone復元
akibyonです。

iCloudバックアップとiTunesバックアップについて、公式に書かれたページがあった。

iCloud と iTunes のバックアップについて

iTunesバックアップで対象にならないデータがはっきり書いてある。こうしてみるとiCloudバックアップとiTunesバックアップは、容量を気にしなきゃなんないか、そうでないかぐらいの違いしかない。

と、普段使っているiPhoneのことしか考えてなかったから、違いはないと感じたけど、自分のiPadは128GBモデルで、64GBはi文庫HDのデータとして保存してある自炊本データだから、それがクラウドにあって復元のたびにダウンロードだとすると気が遠くなる。この場合は、やっぱりiTunesバックアップに意味がある。

iCloudバックアップは常に暗号化されるとのこと。逆にiTunesバックアップはデフォルトでは暗号化されない。

iTunesアイコン

akibyonです。

パソコンのiTunesで、App StoreからiOSのアプリをダウンロードしてiPhoneと同期すれば、パソコンからiPhoneにアプリがインストールできました。またiPhoneでダウンロードしたアプリも、パソコンのiTunesと同期するとパソコン側にバックアップされていました。その後、iPadをパソコンに接続すると、iPhoneと同じアプリはアップデートされたものが同期できました。

これ、iOS 9のタイミングでできなくなっていたのですね。仕様変更らしいです。
Read More →

iPhoneのWi-Fiや位置情報をオフにすると、バッテリーは長持ちするのか?
akibyonです。

日経トレンディネットで「iPhoneのWi-Fiや位置情報をオフにすると、バッテリーは長持ちするのか?」という記事を書きました。

これを書く前に、ちょっとメモしておいたことを追記しておきます。

———-
一応記事にまとめるつもりですが、経過報告。スマホのBluetoothとかWi-Fi、GPSをオフ(モバイル通信だけをオン)にしておくとバッテリーの持ちがいいって、よく言われていましたよね。

最近、久しぶりにそういうことを言ってる人にあって、その人はWebとメッセンジャー、通話ぐらいにしか使わず、家にもWi-Fiはないそうなので、全然不便じゃないらしいです。
私としては、不便になりそうなのでそれを一度も試したことがないのと、本当に効果あるの?なんて思っていました。

iPhone 6sでやってみると、36時間経過してもバッテリーの残りが52%!低電力モードの時は、12時間で73%だった。だいたい同じような使い方で試しているので、比較できると思うのだけど、感覚的にも長持ちしている。

12時間で73%を単純計算すると、低電力モードで36時間使うと残り19%になる。

ただ、こうなってみると、Bluetooth、Wi-Fi、GPSのどれが効いているのかということも気になる。個人的にはBluetoothが使えないのがかなり不便、Bluetoothイヤホンで音楽を聴けないのと、Apple Watch、Jawbone UPの同期ができないから。
どうせApple Watchと同期しないんだからと、Apple Watchも機内モードで使っていたら、こっちもバッテリーが持つ持つ。

ここで考えているのは、

  1. Bluetoothだけをオンにした状態も試す必要がある。
  2. Wi-Fiだけをオンにした状態も試す。
  3. Wi-Fiについては接続できるWi-Fiがない時だけオフにすれば良いのではないかと思う点。これで節電される理由は、オンにしていると常に接続できるWi-Fiを探し無駄に電力を消費すると言われているから。
  4. Bluetoothは接続するデバイスがない状態でオンにするのと、Apple WatchやJawbone UPのように常にリンクしているような状態でオンにしているときには違いがあるように思う。

問題は、それぞれの実験に時間がかかることと、iPhoneは日によって使い方が変わることがあるので(1日中出かけていたり、1日中家にいたり)、そこが違うと比較できないところ。